FC2ブログ

ヤマツツジの仲間たち 2020.04.26 -- 1

2020.04.26(19:30)

 先日から始めた「ツツジの仲間たち」のシリーズ第3弾である。
 手元に写真があるものの中から、ヤマツツジとその変種を紹介しよう。

【ヤマツツジ】(山躑躅)

180410 小石川植物園 ヤマツツジブログ用

 撮 影 日:2018.04.10
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下日付のみ記載する


【エゾヤマツツジ】(蝦夷山躑躅)

180413 小石川植物園 エゾヤマツツジ1ブログ用

 撮 影 日:2018.04.13

 ヤマツツジとの違いは、葉が大きいことと萼片の幅が広いことだそうだ。北海道で見られる。ヤマツツジの変種とされている。十勝の広尾町などにエゾヤマツツジの名所があるようだ。

【ヤエヤマツツジ】(八重山躑躅)

190413 小石川植物園 ヤエヤマツツジ2ブログ用

 撮影日:19.04.13

 八重のヤマツツジだという記述と、八重山諸島に自生するヤマツツジだという記述が、ネットには併存している。
 どうも、どちらも間違ってはいないようだ。


190413 小石川植物園 ヤエヤマツツジブログ用

 撮影日:19.04.13

【ミカワツツジ】(三河躑躅)

190413 小石川植物園 ミカワツツジブログ用

 撮 影 日:2019.03.27

 ミカワツツジは三河地方に分布するヤマツツジの変種のようだ。
 牧野富太郎博士が紅紫色のヤマツツジを1変種と考え、ミカワツツジと名づけたことによるらしい。
 花の色は変化が多いようだ。色以外の特徴は花と葉が小型で、花糸に短毛が生える、という。
 雄しべの数はヤマツツジと同じ5本だ。

【サタツツジ】(佐田躑躅)

180410 小石川植物園 サタツツジ1ブログ用

 撮 影 日:2018.04.10

180413 小石川植物園 サタツツジ2ブログ用

 撮 影 日:2018.04.13

 鹿児島佐田岬に自生するヤマツツジの仲間。
 なお、クルメツツジというのは、キリシマツツジとこのサタツツジをもとに江戸時代末期に品種改良された園芸種群をいうらしい。品種改良に当たったのが久留米藩士だから、名付けられたようだ。


2020年04月26日

  1. ヤマツツジの仲間たち 2020.04.26 -- 1(04/26)