FC2ブログ

東京の江北村・荒川堤で栽培されていたサクラ(横浜市環境支援センターにて撮影) 2020.04.11 -- 1

2020.04.11(20:00)

【千里香(せんりこう)】

200408 環境支援センター 千里香1ブログ用

 撮 影 日:2020.04.08
 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 明治時代に東京の江北村・荒川堤に植えられていた品種で、名前は花に芳香があることにちなむ、という。いわゆるサトザクラのひとつ。背伸びして芳香を確かめようとしたが、よくわからなかった。

200408 環境支援センター 千里香 2ブログ用


【御車返し(みくるまがえし)】

200408 環境支援センター 御車返し1ブログ用

 東京の江北村・荒川堤で栽培されていた品種で、花の美しさに後水尾天皇が御車を返してご覧になったことに因む、ということのようだ。いわゆるサトザクラのひとつ。
 後水尾天皇(在位 1611〜1629)はいったいどこでご覧になったのか…。荒川堤なんぞに後水尾天皇がいらしたはずはない。この品種は京都にもあるようなので、後水尾天皇は京都でご覧になったのかも知れない。
 山と渓谷社の『日本の桜』にも後水尾天皇の説が書かれているが、もう一説あって、そちらは「昔この桜のそばを通り過ぎた人が、花が一重か八重かいい争いになったため、車を引き返して確かめたところ、一重と八重が混じっていた、という言い伝えにちなむ、というもの。


【駿河台匂(するがだいにおい)】

200408 環境支援センター 駿河台匂ブログ用

 東京の江北村・荒川堤で栽培されていた品種で、かつて江戸駿河台の一庭園にあったので、この名が付いたと言われている。しばしば旗弁があり、私の写真にもそれが写っている。花に強い芳香がある、というが位置が悪く確かめられなかった。オオシマザクラの栽培品種らしい。

200408 環境支援センター 駿河台匂3ブログ用


【鬱金(うこん)】

200408 環境支援センター 鬱金1ブログ用

 レ ン ズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 

 東京の江北村・荒川堤で栽培されていた品種。古くから栽培されており、広く普及しているそうだ。欧米でも好まれよく植えられている。
 オオシマザクラ系とする説のほか、ヤマザクラの影響があるという見方もある、という。
 Wikipedia によると、花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である、としている。
 私が見たところでは、淡い黄色に淡い緑色が混じり、じつに複雑な色合いに見える。光の加減でも変化する。
 過去にすでに何回か紹介している。上の写真がごたごたしているので、もう1枚。下は横浜イングリッシュガーデンで撮影したウコンだ。

160415 イングリッシュガーデン ウコン再録ブログ用

 撮 影 日:2016.04.09
 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


《東京の江北村・荒川堤 とは?》
 さて、江北村・荒川堤って、いったいどんなところだったのか、と思われる方も多いでしょう。
 現在「足立区都市農業公園」というところがあり、そのマップなどをネットで確認すると、
 明治18年(1885年)、江北村(現在の足立区江北付近)では、荒川(現在の隅田川)の堤防の改修工事が決まり、堤防の補強などを目的として、翌年、里桜の植樹が行われたようです。
 根株が広がって大きくならない桜がよいということで、いわゆる里桜が選ばれたらしい。
 これが荒川堤が桜の名所になった最初だったのでしょう。

 しかし、その後、第二次世界大戦の戦災があり、手入れは行き届かず、桜はほとんどなくなってしまった、とのこと。いまは「名勝 荒川堤櫻」という石碑が残っているそうです。
 現在、足立区に「都市農業公園」という公園がありますが、明治45年に荒川堤からワシントンへ渡った桜が里帰りしたものが植えられているそうです。里帰りの1度目は失敗して、2回目の昭和56年の里帰り後、現在の「足立区都市農業公園」等に「元荒川堤にあった桜」が残っている、とのこと。
 2019年3月現在約370本だそうです。
 新型コロナウイルス騒ぎが無事おさまったなら、来年は訪れてみるのもよさそうです。
 Wikipedia で「荒川堤」を調べると、また別の観点から詳しい情報が載っています。


2020年04月11日

  1. 東京の江北村・荒川堤で栽培されていたサクラ(横浜市環境支援センターにて撮影) 2020.04.11 -- 1(04/11)