FC2ブログ

モチツツジの仲間たち 2020.04.30 -- 1

2020.04.30(20:00)

【モチツツジ】(黐躑躅)原種

180420 小石川植物園 モチツツジ原種2ブログ用

 撮 影 日:2018.04.20
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下撮影日のみ記載する

 4月中、不定期に続けてきたツツジのシリーズの続きだ。

 モチツツジ(黐躑躅)は、ツツジの中では大きなグループを形成しているようなので、こういう種類があるのだ、と理解しておきたい。
 特徴は「粘毛」である。
 Wikipedia の解説を借りつつ説明すると、「花の萼や柄、葉(両面)、若枝、子房、果実に腺毛が多く見られ、そこから分泌される液滴によって粘着性を持つ。野外ではここに多くの昆虫が粘着してとらえられているのが観察される。この腺毛は花にやってくる、花粉媒介に与る以外の昆虫を捕殺して、花を昆虫に食害されるのをふせぐために発達したものらしく、実験的に粘毛を剃ると、花は手ひどく食害される」ということである。
 そのツツジがモチツツジであるかどうかは、花の付け根の萼の辺りを親指と他の指でつまんでみるとよい。
 ベタッとしているのが感じられるはずである。

 なお、モチツツジの原種は外観がわが家にあるヒラドツツジとかなりよく似ているようだ。
 モチツツジの雄しべは普通5本、稀に6本〜10本のものもある、という。

 数多くの園芸種がある様子。ほとんどは江戸時代から栽培されている品種である。
 以下、花の名前に「〇〇」とある場合、「括弧」内はモチツツジの園芸種の品種名である。

 ある研究資料によると、モチツツジはツツジの園芸品種(ヒラドツツジなど)の交配親としても用いられているそうだ。


【シロバナモチツツジ】(白花黐躑躅)原種

190428 小石川植物園 シロバナモチツツジ原種1ブログ用

 撮 影 日:2019.04.28

 自生種であり、園芸種ではない。静岡、山梨以西から岡山まで、あるいは四国などの山中に分布しているそうだ。

【アワノモチツツジ】(阿波の黐躑躅)原種の変種

190428 小石川植物園 アワノモチツツジ2ブログ用

 撮 影 日:2019.04.28

 本種は園芸種ではない。
 モチツツジの変種でモチツツジより花びらが丸く、縁が波打つらしい。徳島県、兵庫県に分布出そうだ。
 雄蕊の数を数えると通常モチツツジの雄しべは5本だが、10本あるようだ。

 以下、モチツツジの園芸種が続く

【モチツツジ「京鹿の子」】

190428 小石川植物園 モチツツジ京鹿子1ブログ用

 撮 影 日:2019.04.28

 わが家の庭のヒラドツツジと似た印象がある。
 調べるとヒラドツツジの中にはオオムラサキの枝変わり品種として「曙」というのがあるが、わが家のツツジはどうも「曙」らしい雰囲気だ。
 この品種をキシツツジの園芸種としているサイトもあり、キシツツジやモチツツジはいろいろな園芸種の交配親となっているようだ。


【モチツツジ「花車」】

180410 小石川植物園 モチツツジ花車2ブログ用

 撮 影 日:2018.04.10

【モチツツジ「青海波」】

190428 小石川植物園 モチツツジ青海波ブログ用

 撮 影 日:2019.04.28


【モチツツジ「四手車」】

190428 小石川植物園 モチツツジ四手車ブログ用

 撮 影 日:2019.04.28


【モチツツジ「銀麾」】

190428 小石川植物園 モチツツジ銀麾ブログ用

 花弁が細く裂けている品種だが、複数咲いて絡み合うと、もう何が何だか、花の観賞どころではない。


【モチツツジ「胡蝶揃」】

190428 小石川植物園 モチツツジ胡蝶揃ブログ用

4月の庭の花から(7) 2020.04.29 -- 1

2020.04.29(20:00)


 今晩の写真は、自宅の庭にもかかわらず「至難の撮影」を切り抜けた2枚です。
 先日のウラシマソウもそうでしたが、自分の家の庭だというのに、何回試してもどうもよく撮れない。それは「花が咲いている近くへ行くことができない」「暗くて陽が射さない」などの悪条件があるから、なのです。

【イチハツ】(一初)

200429 自宅庭 イチハツ1ブログ用

 撮 影 日:2020.04.29
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 まずイチハツですが、ずっと同じ個所に植えられていたせいで、弱って花が咲きにくくなっていたため、かみさんが庭の数ヵ所に根茎を株分けしました。
 しかし、そちらはまだあまり大きく伸びていないので、花に勢いがありません。
 だから仕方なく、以前と同じ場所で撮影せざるを得ないのですが、まだ往時の勢いが残っているイチハツは、キャラボクの長い枝下の暗がりの辺りです。障害物が多くたいへん撮りにくい。
 陽が射してくる方向にあるキンモクセイの木が大きくなってきて、日の光を遮断しているのも厳しい。
 やむを得ず、めったに使わない 70ー300mm の望遠ズームを持ちだして、遠くから暗がりを狙いました。
 当然のことながら、明るさが足らず苦しい撮影です。ISO2000 に設定してきらきら光る白い部分を抑えるため露出はマイナス補正。
 撮れた写真を Photoshop で大胆に現像補正してなんとか見られる写真に仕上げました。


【カラー】

200428 自宅庭 カラー1ブログ用

 撮 影 日:2020.04.28
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 カラーは先日のウラシマソウと同じ状態。パーゴラにバラ用の横線が張ってあって侵入できないので、これは擁壁沿いに横から望遠レンズで狙いました。花の辺りだけ陽を浴びて光っているのをどう撮るか、という難題を、絞りは F4.5 と開き目にして、露出は暗めに補正して撮影。それをあとから Photoshop で現像補正して仕上げました。

 望遠レンズはめったに使わないのですが、今回は焦点距離は 128mm と112mm であり、マクロレンズの100mm とさほど違いはありません。ただ、ズームレンズなので使い勝手がよいのと、被写界深度やボケのコントロールが容易になるのが利点でした。
 望遠レンズは上手に使えば、対象物はくっきりと、そのほかの背景は大きなボケを期待できるのですね。
 重いけれども、今後はもう少し活用することにしよう、と思いました。


4月の庭の花から(6) 2020.04.28 -- 1

2020.04.28(20:00)

【ボレロ】

100427 自宅庭 ボレロ1ブログ用

 撮 影 日:2020.04.27
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下レンズのみ異なる場合があります

 2004年にフランスのメイアン社が作出したバラ。
 花が大きくびっくりしましたが、それでもフロリバンダ系とのこと。

【フジ】

100427 自宅庭 フジ1ブログ用

 レ ン ズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 この日の天候は曇り。ときおり陽が射すことがある、という程度。
 白いフジだから青空を背景に撮りたいところでしたが、仕方ありません。


【スレーターズ・クリムゾン・チャイナ】

190427 自宅庭 スレーターズ・クリムゾン・チャイナ1ブログ用

 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 もともとは中国のバラだったのを、ギルバート・スレーターという海運業者が英国へ持ち込んだもの。

190427 自宅庭 スレーターズ・クリムゾン・チャイナ2ブログ用

 花が開きかけなのではなく、こういう咲き方の品種です。

190427 自宅庭 スレーターズ・クリムゾン・チャイナ3ブログ用


【ナニワイバラ】

100427 自宅庭 ナニワイバラ1ブログ用

 レ ン ズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 西側擁壁の庭側へ垂れ下がって咲いています。


【バタースコッチ】

190427 自宅庭 バター・スコッチ1ブログ用

 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 バタースコッチは1986年に米国の William A.Warriner という育種家が作出したバラです。


【アルテミス】

100427 自宅庭 アルテミス1ブログ用

 ドイツ・タンタウ社のクライミング・ローズです 「アルテミス」という名はギリシャ神話の狩猟・貞潔の女神で、ローマ神話のディアナに当たります。英語名ではダイアナになります。


4月の庭の花から(5) ウラシマソウ と オニタビラコ 2020.04.27 -- 1

2020.04.27(20:00)

【ウラシマソウ】(浦島草)

200422 自宅庭 ウラシマソウブログ用

 撮 影 日:2020.04.22
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 数年前から、庭の花壇に出てきます。
 かみさんは植えた憶えはないそうで、謎です。 
 付近には伸びたバラの蔓と、バラの蔓を絡ませる線が張られており、自分の家の庭とはいえ、最悪の撮影環境です。この写真を撮るために、周囲に伸びた笹を切り取り、ようやく撮影できました。
 まだまだ小型の個体ですが、周辺に多数の葉が出てきているので、球茎は子球をつけて、仏炎苞の数も増えていくかも知れません。


【オニタビラコ】(鬼田平子)

200422 自宅庭 オニタビラコ1ブログ用

 今年は1月下旬に双子が産まれ、そのまま同居しているので、庭の手入れなどはなかなか余裕がなく、雑草類は自由に伸びてきています。
 「これはまずい」と草むしりを始めたのはここ数日。
 スキップがまだ自由に歩ける体調ではないので、私の手が空き、かみさんを手伝えます。
 庭を見てまわっていると、オニタビラコがかなり数多く侵入してきていました。

200422 自宅庭 オニタビラコ2ブログ用


ヤマツツジの仲間たち 2020.04.26 -- 1

2020.04.26(19:30)

 先日から始めた「ツツジの仲間たち」のシリーズ第3弾である。
 手元に写真があるものの中から、ヤマツツジとその変種を紹介しよう。

【ヤマツツジ】(山躑躅)

180410 小石川植物園 ヤマツツジブログ用

 撮 影 日:2018.04.10
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下日付のみ記載する


【エゾヤマツツジ】(蝦夷山躑躅)

180413 小石川植物園 エゾヤマツツジ1ブログ用

 撮 影 日:2018.04.13

 ヤマツツジとの違いは、葉が大きいことと萼片の幅が広いことだそうだ。北海道で見られる。ヤマツツジの変種とされている。十勝の広尾町などにエゾヤマツツジの名所があるようだ。

【ヤエヤマツツジ】(八重山躑躅)

190413 小石川植物園 ヤエヤマツツジ2ブログ用

 撮影日:19.04.13

 八重のヤマツツジだという記述と、八重山諸島に自生するヤマツツジだという記述が、ネットには併存している。
 どうも、どちらも間違ってはいないようだ。


190413 小石川植物園 ヤエヤマツツジブログ用

 撮影日:19.04.13

【ミカワツツジ】(三河躑躅)

190413 小石川植物園 ミカワツツジブログ用

 撮 影 日:2019.03.27

 ミカワツツジは三河地方に分布するヤマツツジの変種のようだ。
 牧野富太郎博士が紅紫色のヤマツツジを1変種と考え、ミカワツツジと名づけたことによるらしい。
 花の色は変化が多いようだ。色以外の特徴は花と葉が小型で、花糸に短毛が生える、という。
 雄しべの数はヤマツツジと同じ5本だ。

【サタツツジ】(佐田躑躅)

180410 小石川植物園 サタツツジ1ブログ用

 撮 影 日:2018.04.10

180413 小石川植物園 サタツツジ2ブログ用

 撮 影 日:2018.04.13

 鹿児島佐田岬に自生するヤマツツジの仲間。
 なお、クルメツツジというのは、キリシマツツジとこのサタツツジをもとに江戸時代末期に品種改良された園芸種群をいうらしい。品種改良に当たったのが久留米藩士だから、名付けられたようだ。


庭のバラ「エンジェル・フェイス」 2020.04.25 -- 1

2020.04.25(19:30)

20200424 自宅庭 エンジェル・フェイスブログ用

 撮 影 日:2020.04.24
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 下は2番目に咲こうと準備中のつぼみです。
 小さなつぼみがこんなふうに開くのだから、自然の力はすごいですね。

20200424 自宅庭 エンジェルフェイスの蕾ブログ用


〈スキップのその後の容態〉

 本日夕刻、もう一度病院へ検査に連れて行きました。
 エコー検査に映る「心臓を覆っていた水の層」は、あきらかに減少していました。
 「たった2日でこの結果は、処方した炎症を抑える薬があきらかに効いているという証拠。
 ということは、原因は癌ではなくて、細菌感染による心嚢膜炎でしょう。このまま薬をのみ続ければ、心臓は楽になり、おそらく併発している肺炎も治まり、元に戻るでしょう」ということでした。
 突然倒れたりして急性だったので、「血腫(癌)が破れたのが原因だろう」というのが当初の診断であり、「もしそうならあと2、3ヶ月」とまで言われてましたから、スキップの突然の病気に家族全員憂鬱になっていました。
 それが本日夕刻に解消。治るという方向性に、みんなで大喜びしています。


4月の庭の花から(4) 2020.04.24 -- 1

2020.04.24(21:00)

【自宅側へ垂れ下がったモッコウバラ】

200416 自宅側へ垂れ下がったモッコウバラの枝

 撮 影 日:2020.04.16
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ


【コデマリ(小手毬)のアーチ】

200416 自宅庭 小手毬のアーチ


【コデマリの枝】

200416 自宅庭 小手毬の枝


【咲き始めたオオデマリ】(大手毬)

200417 自宅庭 オオデマリ

 撮 影 日:2020.04.17
 撮影場所:自宅庭
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


2020年04月

  1. モチツツジの仲間たち 2020.04.30 -- 1(04/30)
  2. 4月の庭の花から(7) 2020.04.29 -- 1(04/29)
  3. 4月の庭の花から(6) 2020.04.28 -- 1(04/28)
  4. 4月の庭の花から(5) ウラシマソウ と オニタビラコ 2020.04.27 -- 1(04/27)
  5. ヤマツツジの仲間たち 2020.04.26 -- 1(04/26)
  6. 庭のバラ「エンジェル・フェイス」 2020.04.25 -- 1(04/25)
  7. 4月の庭の花から(4) 2020.04.24 -- 1(04/24)
次のページ