FC2ブログ

シナマンサク(支那満作) 20200210 -- 1

2020.02.10(20:20)

20200208 小石川植物園 シナマンサク1

 撮 影 日:2020.02.08
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 久しぶりの晴天、久しぶりの小石川植物園です。
 今年はもう間に合わないかと心配していたシナマンサク(支那満作)がきれいでした。


20200208 小石川植物園 シナマンサク2

 Photoshop が 2020にヴァージョンアップし、Camera Raw にレンズのプロファルが見つからなかったり、いろいろとトラブルがありました。
 また、これまでのように sRGB で編集していると、広い色空間を使えずに自分自身がおもしろくない。
 一方、Adobe RGB で私が完結してしまうと、みなさんのところでは、実際にブラウザで見るときは、狭い色空間になってしまい、くすんだ色をご覧になることになる。そういうのも、それはそれでつまらない。
 そこで、自分で Adobe RGB で完結した後、一気に sRGBに自動変換して、その写真をプログに載せてみよう。それでみなさんの反応を聞いてみよう。ということで、今回から Canonのカメラで撮影したときは写真の提供方法を変えています。
 どうでしょうか?
 「何のことかわからない」とおっしゃるかも知れませんが、写真が美しく見えるかどうかだけ、感想をいただければ幸いです。
 つまり、私は iMacで編集しており、Adobe RGBとほぼ同等の美しい色を見て編集しているのですが、Windows などの液晶では、広い色空間の画像は見ることができないのです。そこで、あらかじめ sRGBで派手めに編集して、従来はその結果としての写真をお届けしていました。
 それはそれ、なのですが、私自身がおもしろくないし、将来に向けて、「色空間の乏しい画像を無理矢理派手めにした写真」を量産していることになってしまいます。
 使い始めた 新型iPhone との互換性が面倒、という問題もあります。
 せめて自分のハードディスクの内部には、自分が真に満足できる色合いの写真を保存しておきたい、ということです。2種の写真を保存することになり、容量は食いますが…。

20200208 小石川植物園 シナマンサク3

 みなさんのところへお届けしている画像は、私が満足いくように編集した画像を、みなさんの液晶、ブラウザでできるだけ同等に(擬似的に)見えるように、コンピュータが自動的に変換した画像です。



2020年02月10日

  1. シナマンサク(支那満作) 20200210 -- 1(02/10)