FC2ブログ

横浜市こども植物園の「イギリス産の秋バラ特集」(2) 2019,11,13 -- 1

2019.11.13(12:05)

 本記事は横浜市こども植物園の「イギリス産の秋バラ 特集」(1)の続きです。
 今回は「イングリッシュ・ローズ」特集です。
 
 イングランドのバラの育種家 デヴィッド・C・H・オースティン (David C.H. Austin)の会社が作出したバラが「イングリッシュ・ローズ」です。
 イギリスのバラを「イングリッシュ・ローズ」というのではなくて、デヴィッド・オースチン社のバラを「イングリッシュ・ローズ」と呼ぶことになっています。理由は前回の記事の末尾の段落に記載しました。

 では、始めます。


【アブラハム・ダービー】(Abraham Darby)

191106 こども植物園 アブラハム・ダービー

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2019.11.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 1985年、イギリスの David Austin 社が作出したバラです。


 【クレアオースチン】(Claire Austin)

191106 こども植物園 クレア・オースチン正

 2007年、イギリスの David Austin 社が作出。


 【ウィリアム・シェークスピア2000】(William Shakespeare 2000)

191106 こども植物園 ウィリアム・シェイクスピア

 植物園の札は単にウィリアム・シェークスピアとなっていましたが、それは1987年以降に販売されていた品種で、現在栽培されている品種はほとんどがWilliam Shakespeare 2000 ですので、たぶん新しいほうだと思います。


 【ジ・アレンウィック・ローズ】(The Alinwick Rose)

191106 こども植物園 ジ・アレンウィック・ローズ

 2001年、イギリスの David Austin 社が作出。


 【ザ・ジェネラス・ガーディナー】(The Generous Gardener)

191106 こども植物園 ザ・ジェネラス・ガーディナー

 1991年、イギリスの David Austin 社が作出。


 【モリニュー】(Molineux)

191106 こども植物園 モリニュー

 デビッド・オースチンが応援しているサッカーチーム、ウォルバーハンプトン・ワンダーズが1889年から所有している、モリニュー・スタジアムに因んで名付けられたそうです。作出年 不明。

2019年11月13日

  1. 横浜市こども植物園の「イギリス産の秋バラ特集」(2) 2019,11,13 -- 1(11/13)