FC2ブログ

横浜市こども植物園の「イギリス産の秋バラ 特集」(1) 2019.11.10 -- 1

2019.11.10(20:00)

 横浜市こども植物園のバラ園では、今年の春くらいからでしょうか、イギリス産のバラが数多く見られるようになってきました。
 そこで、本日は「イギリス産の秋バラ特集」をやってみたい、と思います。


【アイズ・フォー・ユー】(Eyes for You)

191106 こども植物園 アイズ・フォー・ユー

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2019.11.06
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 2009年に英国の Peter.J.James 氏が作出したバラ。強い香りがします。
 横浜市こども植物園バラは柵際にあるものが多く、直接香りを楽しむことのできる花がほとんどです。

 ついでですが、バラにとって「香り」という要素は極めて重要とされており、たまに薫りを嗅ぐことのできないバラ園がありますが、何か大きな勘違いをしてバラ園を作ったのではないか、と造園家の資質を疑ってしまいます。


【デンティ ベス】(Dainty Bess)

191106 こども植物園 デンティ・ベス

 1925年 Wm. E.B. Archer & Daughter が作出。


【エレン ウィルモット】(Ellen Willmott)

191106 こども植物園 エレン・ウィルモット

 1936年、Wm. E.B. Archer & Daughter が作出。
 デンティベスとよく似ているではないか、といわれるかも知れません。
 調べてみると、デンティベスとレディ・ヒリンドンの交配種らしい。レディ・ヒリンドンはわが家でも育てているので、なんとなく納得できますが、エレン・ウィルモットがデンティ・ベスと並んでいたら、どちらがどちらか、とても区別が付かないでしょう。


【ベスビアス】(Vesuvius)

191106 こども植物園 ベスヴィアス

 1923年、Samuel McGredy II が作出。

 さて、ここからはいよいよ「イングリッシュ・ローズ」の紹介です。
 こういう発言をすると、
 「いままでのはイギリスのバラではなかったのか? 」とおっしゃるかも知れません。
 イングランドのバラの育種家 デヴィッド・C・H・オースティン (David C.H. Austin)の会社が作出したバラが「イングリッシュ・ローズ」と呼ばれるのは、どうやらこの名称が同社のバラの「商標」だから、ということのようです。
 イギリスのバラを「イングリッシュ・ローズ」というのではなくて、デヴィッド・オースチン社のバラを「イングリッシュ・ローズ」と呼ぶことになっているのです。

 同社は大阪の泉南に直営ファームを持っており、同社のコレクションが見られるそうです。
 一度訪れてみたいものです。

 実際に日本国内で販売されているイギリスのバラの大半が「イングリッシュ・ローズ」であり、この「イギリスのバラ特集」も後半が「イングリッシュ・ローズ」です。
 横浜の気候はイギリスの気候とかなり異なり、育てにくいにもかかわらず、その魅力にはまってしまったわが家でも、数多くのイングリッシュ・ローズを育てています。
  
 簡単に解説すると、大きな花がどーんと咲く「バラらしいバラ」のイメージはフランス産のバラのイメージから作られたもので、イギリス人はどうもそういうバラを好まないらしいのです。
 四季咲きで丈夫だというモダン・ローズの特徴はそのままに、古いバラのよさをもっと甦らせたタイプのバラがいい、というのがイギリス人の好みらしい。
 人工的な広い庭を造園するフランス庭園のイメージと、自然の中にとけ込んだ庭園造りが好みのイギリス人の家庭の庭を比べてみると、わが家はやはり後者を選ぶ、ということになります。

 なお、この記事が長くなりすぎるので、「イングリッシュ・ローズ」のコーナーは2、3日後の別記事、《横浜市こども植物園の「イギリス産の秋バラ 特集」(2)》に写真を掲載します。

2019年11月10日

  1. 横浜市こども植物園の「イギリス産の秋バラ 特集」(1) 2019.11.10 -- 1(11/10)