FC2ブログ

コートルード美術館展 2019.10.14 -- 1

2019.10.14(11:00)

コートルード美術館展パンフ1 コートルード美術館展パンフ3

コートルード美術館展パンフ2 コートルード美術館展パンフ4

 9月13日、東京都美術館で開催されたばかりのの「コートルード美術館展」へ行ってきました。
 英国の実業家サミュエル・コートレードが収集したコレクションの展示で、正真正銘の名品揃いです。

 「魅惑の印象派」と副題が付けられていますが、「印象派の画家」という言葉は曖昧です。
 第1回から第8回までパリで開催された「印象派展」に出品したことのある画家たちのことを総称してそう読んでいるくらいのつもりで考えておくべきでしょう。
 狭義では「光と色の描写技法ににこだわった写実主義の画家たち」くらいの意味ですが、私の大好きなセザンヌ、ドガなどは、とても印象派とは言い難い。ルノアールも古典回帰の姿勢が濃厚だし。
 文句なしに印象派だね、と納得できるのは、名の知られた画家ではモネ、シスレーくらいでしょうか。

 コートルード美術展での特筆すべき名画というと、まず目立つのはマネの「フォリー=ベルジェールのバー」とセザンヌの「カード遊びをする人々」。どちらも狭義の印象派からはほど遠い。
 この美術展は他の作品も名作揃いで、上記2点のほか、ドガの「舞台上の2人の踊り子」がすばらしい。
ゴーギャンの「ネヴァーモア」の存在感、セザンヌの「鉢植えの花と果物」と「パイプを咥えた男」、ルノワールの「桟敷席」、モネの「花瓶」など、見入ってしまって足が釘付けになる名品揃いでした。
 展示点数は60点ですが、金曜日の夜でガラガラの展示室にもかかわらず、私はすべて見終えるのに2時間半も掛かってしまいました。

 ところで、約二十数年前、ポスターを販売しているある店で私はモネの絵に一目惚れ。モネにしては珍しく、花瓶に活けた花の絵です。そのポスターを額装してもらい、今も自宅2階に飾ってあるのですが、このコートルード美術館展でその原画と出会うことができました。上に掲げたモネの「花瓶」です。

 最初に掲げたマネの「フォリー=ベルジェールのバー」はたいへん名高い絵で、問題作として知られており、じっくりと時間を掛けて見る価値があります。セザンヌの「カード遊びをする人々」もよくよく見れば不思議な絵で、なんだか左に傾いていたり、人物のプロポーションが不自然だったり…。ところが全体としてはきれいにおさまっている。じっくりと見つめてみる価値のある絵画です。
 セザンヌはことに名品揃いなのですが、「鉢植えの花と果物」がまた不思議な絵です。
 セザンヌのやっていることは、目の前の空間を1枚の平面であるキャンバスの上に再構成して並べ、表現することであり、後のピカソ、ブラックらのキュビズムを準備している、と言えるでしょう。


 最後に、jugon さんのブログにならって「きょうのニャーちゃん」を披露します。
 小石川植物園のちび。なぜかみんながそう読んでいます。もう立派な大人なのに…。

190928 小石川植物園 チビ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.09.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ


190928 小石川植物園 チビ2


180923 小石川植物園 チビ3

 最後の写真は昨年9月23日の写真です。上2枚は眼がよく見えていないから。

2019年10月14日

  1. コートルード美術館展 2019.10.14 -- 1(10/14)