FC2ブログ

ガビチョウ と メシアンの「鳥のカタログ」 2019.09.22 -- 1

2019.09.22(10:30)

20170729 舞岡公園 ガビチョウ再録1

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 フランスのクラシック界の現代音楽作曲家にメシアン(1908-1992)という人がいた。
 「鳥のカタログ」といって、鳥たちの鳴き声を採譜し、ピアノで演奏できるように作曲した曲集を作った。
 ロシアのウゴルスキーが演奏したこの曲集をCDで入手し、それを聴いてみている。

 聴いていて、2018年8月に舞岡公園で出会ったガビチョウを思い出した。
 ガビチョウはさまざまな鳥の鳴き真似をする鳥だ。
 以前ブログに書いたこともあるが、ガビチョウが真似るウグイスは3倍速でけたたましい。
 写真のように、口を大きく開けて気持ちよさそうに歌っている得意絶頂のオペラ歌手のよう。それも男性テノール歌手のようだ。
 
 ウゴルスキーの演奏するメシアンの鳥のカタログはとてもすばらしくて、作曲家メシアンと演奏者ウゴルスキーが「どうだ、おれたち、上手だろう!?」と誇っているかのよう。
 ハイスピードの小鳥たちの鳴き声を、ピアノでよくここまで再現したものだ、と感心する。

 梅雨が長く、あまりに蒸し暑く、天候の悪い日が続いた後にアシナガバチに刺されるなどの不運が続き、引き続く真夏のあいだも、私は花散策にすっかり意欲がなくなってしまった。
 そんな引き籠もりのような生活を続けてきた中で、じつは数多くのクラシックを聴いてきた。
 ドビュッシー以降の近現代音楽を開拓し始めたら楽しくて、これまで聴いてこなかった作曲家の曲を数多く聴いた。私の関心はすっかりそちらのほうへ行ってしまい、9月になっても花散策はせいぜい横浜市こども植物園とご近所、自宅の庭だけである。

 このあとブログはどうなるのか。私にもわからない。


20170729 舞岡公園 ガビチョウ再録2

2019年09月22日

  1. ガビチョウ と メシアンの「鳥のカタログ」 2019.09.22 -- 1(09/22)