FC2ブログ

リュウキュウツツジ(琉球躑躅) 2019.05.29 -- 1

2019.05.29(20:05)

 今晩の記事では「リュウキュウツツジ」(琉球躑躅)を扱う。
 まずお復習いだ。

 前回のツツジの記事で「モチツツジ」(黐躑躅)について「萼の辺りを触ると毛があって、ねばねばする」などと書いた。
 次に、見た目がモチツツジとよく似たツツジとして「キシツツジ」(岸躑躅)がある、と書いて写真を掲載した。
 もう一度写真を掲載する。


【モチツツジ】(黐躑躅)


180410 小石川植物園 モチツツジ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ、撮影日付のみ異なります


【キシツツジ】(岸躑躅)2019.04.28撮影

190428 小石川植物園 キシツツジ

 次に、下にキシツツジの園芸種で「京鹿の子」の写真を掲載する。
 本来のキシツツジより少し色が薄く上品になっている。


【京鹿の子】(キシツツジの園芸種)2019.04.28撮影

190428 小石川植物園 キシツツジ京鹿の子


 さて、いよいよ「リュウキュウツツジ」(琉球躑躅)だが、とくに琉球に咲いているわけではない。
 リュウキュウツツジは江戸時代から栽培されており、上の写真の岸躑躅(キシツツジ)と黐躑躅(モチツツジ)の交雑種とする説が有力だそうだ。(キシツツジの変種という説もあるらしい)
 「琉球つつじ」だから琉球が原産地なのか、というと、図鑑などの「自生地(原産地)」の項目には「園芸種」と表示されているのが一般的だ。


【江戸の園芸】

 「なんだ! 園芸種か」という反応はちょっといただけない。
 現在盛んに栽培されている花木の園芸種と異なり、江戸時代の園芸種はわが国の歴史であり、庶民文化の顕れなのだ。
 江戸時代にさかんに栽培された園芸種はツツジのほかにも数多くある。たとえばサクラソウ、アサガオ、ハナショウブ、ツバキなど。
 NHKでは1ヶ月ほど前から月1回「江戸の園芸」の特集番組を放送している。

 さて、ツツジの話だが、津藩藤堂家出入りの伊藤伊兵衛は、藤堂家下屋敷が駒込染井に移転したとき伊藤一家も染井に居を移した。そして三代目伊藤伊兵衛は江戸一番の園芸家として知られるようになったという。
 とくに知られているのは、伊兵衛は鹿児島県霧島の真っ赤なツツジを自邸に植え、「ホンキリシマ(本霧島)」としてそれを公開。それをきっかけに「ホンキリシマ」が江戸で大流行するようになったという。


【白琉球】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ白琉球

 リュウキュウツツジもそうした江戸園芸の流れに沿ったものだ。
 リュウキュウツツジというと、「白琉球」(シロリュウキュウ)がもっとも一般的なリュウキュウツツジとして扱われているようだが、経緯はいまひとつよくわからない。
 以下、小石川植物園で見ることのできるリュウキュウツツジを、名前と写真で紹介していく。
 昨年の春に撮影した写真も多い。


【琉球躑躅・薄葉】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ薄葉


【琉球躑躅・尾引絞】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ尾引絞


【琉球躑躅・藤万葉】2018.04.13撮影

180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ藤万葉2


180413 小石川植物園 リュウキュウツツジ藤万葉


【琉球躑躅・白雪】2018.04.13撮影

180420 小石川植物園 リュウキュウツツジ白雪

 キリシマツツジにも「白雪」があるが、どうやらそれとは別の「白雪」らしい。


【琉球躑躅・南京紫】2018.04.20撮影

190428 小石川植物園 リュウキュウツツジ南京紫

 以上、リュウキュウツツジをお楽しみいただけたなら幸いだ。

2019年05月29日

  1. リュウキュウツツジ(琉球躑躅) 2019.05.29 -- 1(05/29)