FC2ブログ

ミカドヨシノ(帝吉野) 2019.03.31 -- 2

2019.03.31(21:01)

190327 小石川植物園 ミカドヨシノ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.03.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 三夜連続でオオシマザクラとエドヒガンの交配種を紹介している。
 29日の「伊豆吉野」、30日の「天城吉野」のふたつは父と母が逆なのだが、区別は難しい。
 今晩の「帝吉野」は上の2種とはかなり異なった交配結果となり、特徴ある品種が生まれた例だ。


190327 小石川植物園 ミカドヨシノ2

 ミカドヨシノ(御帝吉野または帝吉野)は竹中要氏が国立遺伝学研究所でソメイヨシノの起源を研究した際、オオシマザクラ × エドヒガン の組み合わせによる交配の結果得られたものから、1個体を選び、1957年頃にこの名を付けたもの。
 主たる特徴は、ご覧のように花柄が長く垂れ下がることだろう。萼筒も細長い筒型だ。
 花はオオシマザクラのように白いが、アマギヨシノやイズヨシノのように密集しないので花数も少なくなるようだ。


190327 小石川植物園 ミカドヨシノ3

 これら3種はすべて、同じ人物(国立遺伝学研究所の竹中要氏)がソメイヨシノを研究しようとして、オオシマザクラとエドヒガンを交配した結果生まれた品種だ。
 なお、ミカドヨシノについては、父母の区別ははっきりとは確認できなかった。


190327 小石川植物園 ミカドヨシノ4


 〈注〉今晩は、この記事の前に「オキナグサ(翁草)とオキナグサの園芸種」という記事があります。
    この記事と併せて楽しんでいただけたら幸いです。

オキナグサ(翁草)とオキナグサの園芸種 2019.03.31 -- 1

2019.03.31(21:00)

190327 小石川植物園 オキナグサ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.03.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 キンポウゲ科オキナグサ属の多年草。
 オキナグサの写真としてはあまりよい出来ではなく、待っていればまだ機会があるかも知れないのに、ここでこれらの写真を出して記事にしてしまうのにはわけがある。


190327 小石川植物園 オキナグサ2

 3月29日曇天の日、期末になってしまう前の料金の安いうちに横浜イングリッシュガーデンの年間パスを入手しようと同ガーデンを訪問した。
 園内を歩いているうちに見つけたのが下の写真。


【オキナグサの園芸種】(横浜イングリッシュガーデン)

190329 イングリッシュガーデン オキナグサの園芸種1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2019.03.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 「まさか、オキナグサの園芸種? 」と根出葉を確認したが、やはりオキナグサの園芸種に間違いないようだ。
 こんな植物まで園芸種にしてしまうのか、と驚いた。


190329 イングリッシュガーデン オキナグサの園芸種2

2019年03月31日

  1. ミカドヨシノ(帝吉野) 2019.03.31 -- 2(03/31)
  2. オキナグサ(翁草)とオキナグサの園芸種 2019.03.31 -- 1(03/31)