FC2ブログ

道知辺(みちしるべ) 2019.02.19 -- 1

2019.02.19(21:50)

190214 小石川植物園 道知辺6

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.02.14
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 「道知辺」(みちしるべ)は野梅系野梅性の梅。
 GKZ植物事典によりますと、あまりに芳香が強いので夜間でも開花がわかり、「道標」の役割も果たすほどである、との意味から命名されたそうです。
 花弁が椀のような形のまま咲いているのが、私としては可愛く感じました。
 江戸時代から続く代表的な品種だそうですが、撮影したのは小石川植物園が初めてです。


190214 小石川植物園 道知辺2

 最近は梅園での「梅祭り」が流行っていて、高い位置に数多く花を咲かせる剪定ばかりですが、梅の木は低い枝を残して剪定するのが古来からの習わしであったはずです。梅は桜とは違うのですから。
 また、花を低い位置で眺めることができれば、梅の花の最大の魅力である雄しべがくっきりと目に入ります。
 梅の花を描いた日本画や、梅の花を描いた紋などの多くが、雄しべの花糸や葯を強調したデザインとなっています。
 そうした梅の花の魅力が多くの人たちに伝わるように、梅園の管理をする方々は、古くからの伝統を尊重してほしいものです。


190214 小石川植物園 道知辺5


190214 小石川植物園 道知辺4


190214 小石川植物園 道知辺1

2019年02月19日

  1. 道知辺(みちしるべ) 2019.02.19 -- 1(02/19)