FC2ブログ

蘇芳梅(すおうばい) 2019.02.15 -- 1

2019.02.15(22:05)

190214 小石川植物園 蘇芳梅1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.02.14
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 蘇芳梅(すおうばい)は緋梅系緋梅性の八重咲きの梅。私が好むタイプの、厚みの薄い八重咲きになる。今ごろ咲き始めるのだからやや遅咲きのほうだろうか。


190214 小石川植物園 蘇芳梅2

 蘇芳(すおう)というのはビルマ(いまのミャンマー)、インド、マレー半島など熱帯地方原産のマメ科の低木。新材部の赤い色素を染料とし、媒染剤に明礬を使うと赤、灰汁を使うと紫味の赤に染まるそうだ。
 蘇芳色とはくすんだ紫味の赤のことだそうである。今昔物語では凝固しかけた血液の表現に使われている、という。


190214 小石川植物園 蘇芳梅3

 緋梅系緋梅性の梅には「佐橋紅」「鹿児島紅」などがよく知られているが、「蘇芳梅」は小石川植物園でしか見たことがない。


190214 小石川植物園 蘇芳梅4

 なお、ついでだが、緋梅系の梅というのは枝や幹の内部が赤い(ただし、私は枝を折って確認したことはない)。
 そして、分類法にもよるけれど、緋梅系の梅は緋梅系紅梅性、緋梅系緋梅性、緋梅系唐梅性などに大きく分けられる。それぞれ、花の形や色だけでなく、新しい枝(新梢)の色などにも違いがある。
 梅は花の形や色だけでなく、新しい枝(新梢)の色とか、萼の色とかにも注意して観察すると、とてもおもしろくなる。

2019年02月15日

  1. 蘇芳梅(すおうばい) 2019.02.15 -- 1(02/15)