FC2ブログ

タイワンツバキ(台湾椿) 2019.01.15 -- 1

2019.01.15(21:00)

180928 大船植物園 タイワンツバキ1

 撮影場所:大船植物園
 撮影日:2018.09.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 写真は今年の9月28日に大船植物園(旧名:大船フラワーセンター)で撮影したタイワンツバキだ。
 小石川植物園のタイワンサザンカを紹介していたので、そのうちタイワンツバキを紹介しようと思っていたが、どうもよくわからないことが多いので、いままで写真を握ったままにしていた。

 じつは楽さんのブログでタイワンツバキの写真を拝見したが、撮影は12月18日だそうだ。
 私の写真はおそらく同じ木で、9月28日撮影である。
 GKZ植物事典によると、花期は10〜2月だという。だから9月末頃に咲いていてもおかしくはないのだろう。


《参考》タイワンサザンカ(撮影:12月19日)

181219 小石川植物園 タイワンツバキ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.12.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ところで、私が12月23日に紹介したタイワンサザンカ(上の写真)は学名 Camellia tenuiflora である。
 つまり、ツバキ科ツバキ属の学名は Camellia で、私たちが通常見ているサザンカやツバキは、学名はどれも 「Camellia なんとか」なのだが、ツバキ科には、「Gordoniaなんとか」という学名になる属があり、タイワンツバキはゴードニアとも呼ばれているそうなのだ。(住友林業 の「きこりんの森」というサイトによる)
 原産地は台湾、中国南部、ベトナムで、寒さにはやや弱いそうである。


 以下、ふたたび タイワンツバキの写真に戻る

180928 大船植物園 タイワンツバキ2

 撮影場所:大船植物園
 撮影日:2018.09.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ


180928 大船植物園 タイワンツバキ3

 なお、この冬、私はトガリバサザンカ(Camellia kissi)、トガリバツバキ(Camellia cuspidata)、ヤナギバサザンカ(Camellia salicifoila)を紹介してきたが、いずれも Camellia と学名の頭に付いているので、これらは ツバキ属の花である。
 また、念のため書いておくと、日本で見られる一般的なツバキやサザンカは、どれもツバキ属に含まれる。
 そして、「茶」もツバキ科ツバキ属である。昨日紹介した「グランサムツバキ」もツバキ属。
 「ツバキ属」というのはずいぶんと広い範囲を内包している。
 しかし、ナツツバキやヒメシャラはツバキ科ナツツバキ属の花だ。

2019年01月15日

  1. タイワンツバキ(台湾椿) 2019.01.15 -- 1(01/15)