fc2ブログ

東京駅丸の内北口 2018.10.24 -- 1

2018.10.24(14:25)

181023 丸の内北口ドーム内部

 撮影場所:東京駅丸の内北口
 撮影日:2018.10.23
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM

 上の写真は東京駅の丸の内北口の内側です。
 北口は大きなドーム屋根に覆われているので、見上げるとこのような写真が撮れます。
 ドーム屋根の下は3階建てで、手すりのついた回廊が囲んでおり、2階の回廊には「東京ステーションギャラリー」の入館者の場合、ショップの出口から回廊に出て、展示物やドームの内部を上の写真とは別の視点から眺めることができます。

 10月23日は東京ステーションギャラリーへ「横山崋山展」を観に出かけたので、下の写真は美術展会場から出て、2階の回廊から丸の内北口出口付近を見下ろして撮影したものです。
 証拠写真程度のつもりでしたので、iPhone6での撮影ですが、そのほかの写真はすべて、いつもの CANON の一眼レフで撮影しています。


181023 東京駅丸の内北口2階よりiPhone

 撮影場所:東京駅丸の内北口
 撮影日:2018.10.23
 撮影機器:iPhone6


〈17:00〉

181023 東京駅北口1700

 撮影場所:東京駅丸の内北口外
 撮影日:2018.10.23 17:00
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 以下時刻のみ経過していきます

 せっかく東京駅まで来たので、夕刻の東京駅の姿を撮影するよい機会ですから、丸の内北口から外へ出てみました。
 以下は、最初の写真が17時00分、以降時間経過の順番に並べてあります。
 次第に暗くなっていくのがわかります。


〈17:07〉

181023 東京駅北口1707


〈17:08〉

181023 東京駅北口1708


〈17:12〉

181023 東京駅北口1712


〈17:16〉

181023 東京駅北口1716


〈17:21〉

181023 東京駅北口1721


〈17:22〉

181023 東京駅北口1722


【夜景の撮影テクニック】

 私のカメラにはストロボはありません。暗い場面は暗いなりに目で見たように記録し、余計な照明はないほうが自然でよい、という撮影スタイルです。また、三脚はもう数年使ったことがありません。
 そのかわり、今回の場合、たとえば最後の写真はISO12800、最後から2番目はISO8000まで感度を高めて撮影しています。
 それだけ感度を高めてしまうと、何の工夫もしなければ、実際よりもずっと明るく写ってしまい、夕刻の場面らしく見えなくなってしまいます。
 街灯の照明、ビルの暗い外壁、照明の当たっている外壁など、どこに焦点を合わせるかによって、露出を大幅にマイナス補正するなど、撮影時にさまざまな工夫をした上で、さらに RAW画像の現像時に Photoshopで4段階の明るさ別に調整しています。
 夜景に限らず、通常の植物の撮影の場合も同じですが、後で加工しやすいようにと、撮影時からわざと暗く撮ったり明るく撮ったり、シチュエーションによってさまざまな工夫をしています。撮影と事後の現像・編集作業は、最初からワンセットだと思って撮影に臨んでいます。

2018年10月24日

  1. 東京駅丸の内北口 2018.10.24 -- 1(10/24)