fc2ブログ

茅ヶ崎市美術館と高砂緑地 2018.10.14 -- 1

2018.10.14(19:00)

【小原古邨展のポスター】

181003 小原古邨展ポスター

 撮影場所:茅ヶ崎市美術館 & 高砂緑地
 撮影日:2018.10.03
 撮影機器:iPhone6以下同じ

 都内の大きな美術館とは異なり、地方にはそれぞれの地方の風土を生かした美術館があり、そうした美術館を訪ねるのもなかなか楽しいものだ。
 小原古邨(おはらこそん)展が茅ヶ崎市美術館で開催されているとの記事を日経新聞で読んで、見にいってみようという気になった。
 美術展の内容や、この小原古邨という画家について書きたいことはたくさんあるけれど。今回の記事はそれとはまた別だ。

【高砂緑地】

181003 高砂緑地1

 茅ヶ崎駅から徒歩5分ほどで美術館に着いてしまうが、美術館は松などの巨木の多い緑地の中にある。「高砂(たかすな)緑地」というそうだ。


181003 高砂緑地2


【川上音二郎・貞奴の別荘跡】

181003 川上音二郎・貞奴邸 井戸跡

 明治30年代に「オッペケペー節」で知られる明治の俳優、川上音二郎が愛妾の貞奴と暮らした別荘がこの高砂緑地にあった、という。緑地の中には、二人の住居跡といわれる井戸枠が松の木立の中に残っている。


【原安三郎氏邸(松籟荘)の跡】

181003 原安三郎邸跡1

 さらに、この緑地は大正8年、原安三郎氏(元日本火薬・会長)の別荘となった。
 昭和59年に茅ヶ崎市が購入し、日本庭園を構えた高砂緑地として開園した。
 美術館へのアプローチは緑地内にあるので、どうしても周辺の松林、梅林、日本庭園を散策したくなる。これがなかなか変化に富んでいて楽しい。美術館は原安二郎邸を取り壊して建設されたが、その邸宅の一部がそのまま残されていて見学できるようにもなっている。


181003 原安三郎邸跡2


【美術館へのアプローチ】

181003 美術館へのアプローチ1

 写真のこの道を通って、やや高い位置にある美術館へと向かう。


181003 美術館へのアプローチ2


【茅ヶ崎市美術館の建物】

191003 茅ヶ崎市美術館の建物


【日本庭園と茶室の様子など】

181003 高砂緑地の日本庭園1


181003 高砂緑地の日本庭園2


181003 高砂緑地の日本庭園3


181003 高砂緑地の日本庭園4


181003 高砂緑地の日本庭園5


181003 高砂緑地の日本庭園6


181003 高砂緑地の日本庭園7

 iPhoneでの撮影が続いたが、常に携帯しているので便利であることは確かだ。
 だからスマホで撮せる写真の質が向上していくことはやはり望ましいことだと思う。
 一方で、通常のブログ記事の写真を iPhoneで代替することはとても考えられない。
 「写真の質」と「持ち運びの便」を天秤に掛けつつ、シチュエーションに応じてどちらを選ぶかということだろう。

2018年10月14日

  1. 茅ヶ崎市美術館と高砂緑地 2018.10.14 -- 1(10/14)