fc2ブログ

カリガネソウ(雁金草) 2018.10.03 -- 1

2018.10.03(20:00)

【自然教育園のカリガネソウ】(2018.10.01)

181001 自然教育園 カリガネソウ

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2018.10.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 白金台の国立科学博物館附属自然教育園にカリガネソウの札があるのは春から知っていた。
 しかし、立て札付近にそれらしき植物が伸びてくる気配はないし、枯れてしまって名札だけかと思っていたら、10月1日に花が咲いているのを見つけた。
 背が高くなる草本だが、そうか、夏の間は暑いから息を潜めていて、涼しくなったら急に丈を伸ばして花を咲かせるのか、と気がついた。


【小石川植物園】(2017.09.30)

170930 カリガネソウ4

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.09.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 昨年も一昨年も小石川植物園で満開のカリガネソウを見ている。その記憶があってずっと注意していたが、8月下旬から低い位置でちょぼちょぼと冴えない花を咲かせるので、今年は何か具合が悪くなったか、と思っていた。
 自然教育園のカリガネソウのある区域は薄暗くてきれいな写真は撮れないので1枚だけとし、、昨年の小石川植物園の写真を掲載する。昨年は忙しくて、カリガネソウの記事まで手が回らなかった。

 2016年に小石川植物園でこの花を見たときは、私の背丈ほどもあった。昨年はせいぜい80cm。今年もう一度小石川植物園へ出かけていく頃は花は終わり近いだろう。
 妙なかたちの花だが、シソ科カリガネソウ属だそうだ。


170930 カリガネソウ1

 虫たちには人気の花で、自然教育園の薄暗がりでも大きな蜂が飛んできて撮影の邪魔をしてくれた。
 茎が大きく垂れ下がって揺れるし、暗いので、写真撮影はむずかしかったが、昨年の小石川植物園の写真なら、「この花が虫たちに人気がある」という雰囲気を感じていただけるだろう。


170930 カリガネソウ2


170930 カリガネソウ3


170930 カリガネソウ5

 雄しべと雌しべが花のてっぺんから突き出て前方へ曲がって垂れ下がる。それを雁の長い首に見立てるらしい。雁をデザインした「結び雁金紋」というのがあって、それで雁金草と名が付いたそうだ。


170930 カリガネソウ6

2018年10月03日

  1. カリガネソウ(雁金草) 2018.10.03 -- 1(10/03)