FC2ブログ

キツネノマゴ(狐の孫) 2018.09.20 -- 1

2018.09.20(20:35)

180917 舞岡公園 キツネノマゴ1

 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園
 撮影日:2018.09.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 キツネノマゴは、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草だ。
 この属の草花は東アジア、東南アジアを中心に広く分布しているが、先島諸島などを除くと日本にはこの種だけだそうだ。
 全体の姿がイヌコウジュやナギナタコウジュと似ている感じがするので記事にすることにしたが、イヌコウジュやナギナタコウジュがシソ科であるのに対して、キツネノマゴはキツネノマゴ科であり、近縁関係はない。


180917 舞岡公園 キツネノマゴ2

 横浜・東京ではよく目にする植物で、そこら中に生えているが、名前は必ずしもよく知られているわけではない。
 なぜ「狐の孫」なのかよくわからないので、憶えにくいのではないか、と思う。名前の由来には諸説あり、よくわかっていないようだ。


180917 舞岡公園 キツネノマゴ3

 いつでも撮影できる植物だが、9月も中旬となったので、よく成長して大きくて、花穂に2つくらいは花を咲かせている株を捜していた。舞岡公園のこの辺りは野草を大切にしているのでむやみな草刈りが入らない。
 よい写真が撮れそうだと草むらにしゃがみ込んだ。


〈小石川植物園のキツネノマゴ〉

180819 小石川植物園 キツネノマゴアップ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.08.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後の写真は、8月19日に小石川植物園でアップの姿を撮影したもの。
 なお、キツネノマゴも腰痛、解熱、せき、喉の痛みなどに薬効ありとされてきたが、民間療法という程度でとどまっているようだ。

2018年09月20日

  1. キツネノマゴ(狐の孫) 2018.09.20 -- 1(09/20)