FC2ブログ

ダンドク(檀特)〜 カンナの原種 2018.08.14 -- 1

2018.08.14(12:00)

《2017年 横浜市こども植物園》

170617 こども植物園 ダンドクの実

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 Wikipedia によれば、ダンドク(檀特、学名: Canna indica L.)は、熱帯から温帯に生育するカンナ科の多年草。カリブ諸島、熱帯アメリカ原産であるが、園芸目的で世界各地に移出している。園芸種のカンナの原種のひとつ、だそうだ。日本では江戸時代に移入されたらしい。


170630 こども植物園 ダンドクの花

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


《2018年 横浜市こども植物園》

180725 こども植物園 ダンドクの実

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2018.07.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ダンドクは横浜市こども植物園にも、小石川植物園にもある。
 最初気が付いたのは奇妙な形の実で、今回も実が目立つうちに記事を書こう、と思い立った。「秋に実が熟すと、複数の重く丸く黒い種子を作り、これが散弾銃の弾丸のように見えることから、英名Indian shotと呼ばれる」(Wikipedia)だそうだ。


《2018年 小石川植物園》

180603 小石川植物園 ダンドクの花1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.06.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ


180603 小石川植物園 ダンドクの花アップ

 花はなにやらおかしな形をしていてつかみどころがなく、どう撮影すべきか悩むのだが、調べてみると「花びらに見えるものは、雄しべが変化したもの」だそうだ。
 今回はこの植物の記事の初回なので、あまりごちゃごちゃ書かずに、とりあえず写真を並べてみたい、と思う。
 なお、アカバナダンドクとキバナダンドクがあるらしい。


180603 小石川植物園 ダンドクの実3


180603 小石川植物園 ダンドクの花と実4


180603 小石川植物園 ダンドクの花と実5

2018年08月14日

  1. ダンドク(檀特)〜 カンナの原種 2018.08.14 -- 1(08/14)