FC2ブログ

ハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)の実 2018.08.08 -- 1

2018.08.08(17:15)

180801 小石川植物園 ハナキササゲの実

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.08.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 写真は小石川植物園のハナキササゲの実だ。
 小石川植物園では今年の夏も数多くの長い実がぶら下がっていて、この木の特徴を知らないと初めて見た人はびっくりするだろう。
 花の写真はブログに載せたが、数多く実った実の写真は載せていないので、記事にしたいと考えた。


180801 小石川植物園 ハナキササゲの実2


《参考》5月20日のハナキササゲの花

 小石川植物園のハナキササゲは、5月の花の様子を参考のため下にもう一度掲載した。
 中国原産の、ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木だ。

180520 小石川植物園 ハナキササゲの花再録

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.05.20
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ


180520 小石川植物園 ハナキササゲの花再録2

 なお、背景の建物は「東京大学総合研究博物館小石川分館」である。見学できる曜日と時間などはホームページで確認していただきたい。


《参考:三渓園のキササゲ》

180524 三渓園 キササゲの花と前年の実

 撮影場所:横浜市・三渓園
 撮影日:2018.05.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 私が初めてキササゲ(木大角豆)の実を見てびっくりしたのは数年前の横浜市・三渓園だ。
 キササゲは落葉するので、葉がないまま実が残っていると余計に目立つ。長い実がたくさんぶら下がっているのを見て、ずいぶんとびっくりした。

 上の写真は今年5月24日に撮影した三渓園のキササゲの花と、前年から残っている実だ。
 遠いところから撮っているので花は細部がわからないが、小石川植物園のハナキササゲとは異なり、黄色い色をしている。前年から残っている実は呆れるような長さだった。

2018年08月08日

  1. ハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)の実 2018.08.08 -- 1(08/08)