FC2ブログ

ガンピセンノウ(岩菲仙翁)、マツモトセンノウ(松本仙翁)、フシグロセンノウ(節黒仙翁) 2018.07.11 -- 1

2018.07.11(21:25)

 ナデシコ科の中にセンノウ属というのがある。見た目はおおよそこの記事の写真のような花なので、特徴的で憶えやすい、と思う。
 かつて京都嵯峨にあった仙翁寺(せんのうじ)で栽培されていたから「センノウ」(仙翁)というのだそうだ。ただし、いまは小さい社が残るのみらしい。
 あるサイトに依れば、現在でも仙翁町では嵯峨仙翁花と呼ばれる花の栽培が続けられているが、それらはマツモトセンノウやフシグロセンノウだという。

 私がよく聞く名前は、ガンピセンノウ、マツモトセンノウ、フシグロセンノウだ。
 下に3種のセンノウを並べるが、札があるから名前がわかるのであって、私にはそもそも3種の区別の仕方はわからない。また。それぞれを詳しく書くと切りがないのでやめておく。


【ガンピセンノウ】(三渓園)

180613 三渓園 ガンピセンノウ群生1

 撮影場所:横浜市・三渓園
 撮影日:2018.06.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ガンピセンノウは横浜市三渓園で見られる。日本固有種ではなく、帰化、栽培種だそうだ。


180613 三渓園 ガンピセンノウ2


180613 三渓園 ガンピセンノウ3


【マツモトセンノウ】(小石川植物園)

180622 小石川植物園 マツモトセンノウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.06.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 マツモトセンノウは日本固有種で絶滅危惧種(Ⅱ類)だそうだ。小石川植物園で栽培されていた。
 ヤサシイエンゲイによると、江戸時代にはたくさんの品種が作られたが明治に入るまでにそれらはすべて失われた、とのこと。


【フシグロセンノウ】(こども植物園)

180702 こども植物園 フシグロセンノウ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2018.07.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 フシグロセンノウは横浜市こども植物園で栽培されていたが、咲いていたのはたった一輪、しかも遠くてきちんと観察はできなかった。

 追記:この記事を書いたあと調べていたら、昨年8月に自然教育園で撮影したフシグロセンノウの写真をたくさん見つけた。サンプルが多くなれば、今回の3種のセンノウの見分け方が一歩前進するかも知れない。放置していた写真を見つけることが多過ぎるが、昨年から初めて見る花が多すぎて、消化できないでいる。

2018年07月11日

  1. ガンピセンノウ(岩菲仙翁)、マツモトセンノウ(松本仙翁)、フシグロセンノウ(節黒仙翁) 2018.07.11 -- 1(07/11)