FC2ブログ

ヘメロカリス(Hemerocallis) 2018.07.10 -- 1

2018.07.10(20:40)

180605 環境支援センター ヘメロカリス

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2018.06.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 写真は6月5日に横浜市こども植物園駐車場脇の茂みの中に見つけた花だ。
 これはいったい何だろう? と迷うのがふつうだが、見つけた時期にこども植物園でノカンゾウが盛大に開花していたこと、わが家の近所ではヤブカンゾウが咲き始めていたこと、などを考慮に入れると、細かい品種はわからないが、「ヘメロカリス」だ、としてまず間違いはないだろう。

 NHKの「みんなの趣味の園芸」の紹介文によると、
 「ヘメロカリスは初夏から夏にかけて次々と花を咲かせる多年草で、日本にはニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウが自生し、古くから親しまれています。暑さ寒さに強いうえ、土壌もあまり選ばず、植えっぱなしでよく育ちます」とある。
 つまり、「ヘメロカリス」はノカンゾウやヤブカンゾウを含むこの種の花々の総称として使われているのだ。

 「ヤサシイエンゲイ」でも調べて、ヘメロカリスの例としてあげられている品種を下に書き出すと、(H.はHemerocallisの略)
 フルヴァ 〔H. fulva = H. fulva var. fulva〕、キスゲ〔H.thunbergii〕、ヒメカンゾウ〔H.dumorieri〕などで、米国で品種改良されたものがたくさんあるという。
 そんなヘメロカリスの園芸品種を分別するなどとても不可能。

 だから、大雑把に「ヘメロカリス」としておくのが無難なのである。
 ただ、よく知られている「ノカンゾウ」と「ヤブカンゾウ」くらいは和名で憶えたい。
 下に今年あちらこちらで撮影した例を掲載しておこう。


【ノカンゾウ】(学名 Hemerocallis fulva var. disticha)

180605 こども植物園 ノカンゾウ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2018.06.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


【ヤブカンゾウ】(学名 Hemerocallis fulva var. kwanso)

180622 小石川植物園 ヤブカンゾウ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.06.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

2018年07月10日

  1. ヘメロカリス(Hemerocallis) 2018.07.10 -- 1(07/10)