FC2ブログ

バショウ(芭蕉)の花 2018.07.04 -- 1 

2018.07.04(21:25)

《参考》バショウの枯れ姿

180121 枯れた芭蕉の花再録

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.01.21
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 トップの写真は今年の1月21日に小石川植物園で撮影したバショウ(芭蕉)の花の枯れ姿だ。
 今年は活きのよい花を見てやろう、と小石川植物園に通っていたが機会を失したらしい。
 6月22日には、雄花がぶら下がっているゴムパイプみたいなのが、地面に落ちているのを見つけた。

 ところが、楽 さんのブログ「楽のデジカメ散歩3」に横浜市こども植物園で撮影したバショウの花が6月17日に掲載された。→ 楽 さんのバショウの記事 (ハンゲショウの写真をスライドさせてみていくと出てくる)
 バショウがどこにあるのか教えていただいてびっくり。
 同じ横浜市こども植物園に通っていても、バショウがあまりに大きいので、ずっと見ていながら私の脳はそれがバショウと認識していなかったのである。


【バショウ(芭蕉)の花】(横浜市こども植物園)

180702 こども植物園 バショウ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2018.07.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下も同じ

 さて、遅くなったが、下が7月2日 横浜市こども植物園のバショウの花。
 楽さんの写真では、まだ緑色のふくらんだ子房の先端に枯れた雌しべが付着していたが、私の写真では枯れた雌しべはほとんど落ちている。
 ちなみに、トップの今年2月の写真では、昨年夏にできた実(バショウのバナナ)は黒くなって残っている。
 雄しべは、楽 さんの写真でも私の写真でも、もじゃもじゃしたのが見えている。

 もしかして、雄しべがもっとはっきり見える写真はないか、と拡大して捜してみたのが下の写真。


180702 こども植物園 バショウ雄花のアップ

 詳しいサイトの説明によると、花序ははじめに雌花の房が付き、花序の先端がそのまま伸び続けるうち、下に垂れて、遅れて雄花の房が付くのだそうだ。真ん中の大きな実のようなものは、開いていない苞葉らしい。

 ところで、書き添えておくとバナナもバショウ科バショウ属の植物だ。

2018年07月04日

  1. バショウ(芭蕉)の花 2018.07.04 -- 1 (07/04)