FC2ブログ

ノリウツギ(糊空木) 2018.06.09 -- 1

2018.06.09(20:50)

【6月3日】

180603 小石川植物園 ノリウツギ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.06.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 ノリウツギ(糊空木)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木だ。
 したがって、この記事はアジサイの仲間としてはアジサイ・シリーズのひとつであり、「ウツギ」の名前が付けられている、という点では「ウツギ・シリーズ」の記事の追加でもある。


180603 小石川植物園 ノリウツギ2

 前回の記事のイワガラミは、装飾花が1枚だったが、ノリウツギは4枚なので、見た目がもっとアジサイらしくなるかというと、花序が円錐状になっている、という特徴がある。
 樹液を和紙を漉く際の糊に利用したため、この名がつけられたそうだ。


180603 小石川植物園 ノリウツギ3

 円錐花序はこの花の魅力のポイントで、ご覧の通り。
 園芸種として「ピラミッドアジサイ」というのがあるそうだが、私はまだ見たことがない。 
 「ピラミッドアジサイ」の名で市場に出回っている「ミナヅキ」は、ほとんどの花が装飾花となり、円錐花序全体が白色で覆われる、という。(カシワバアジサイとはまた別)

 山渓ハンディ図鑑4によると、果実が熟す頃になるまで装飾花が残り、赤く色づくそうだ。機会があればその頃にまた紹介できるかも知れない。
 なお、この記事の写真の中にも黒っぽいものが写っている写真があるが、それは前年の実の殻だ。


【5月20日】

180520 小石川植物園 ノリウツギ4

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.05.20
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 上は5月20日の写真。装飾花ができはじめた頃だ。
 参考のため、載せておこうと考えた。


【2017年6月9日】

170609 小石川植物園 ノリウツギ5

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.06.09
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 上は昨年の写真だが、広い範囲が写っているほうがイメージをとらえやすいかも知れない、と考え、載せることにした。


170609 小石川植物園 ノリウツギ6

 同じ昨年の写真だが、見ているとなんとなく、両性花がまだつぼみのうちに見るほうがこの花は美しい、と感じてしまう。記事のトップの写真(本年撮影)を見てもそう感じる。

2018年06月09日

  1. ノリウツギ(糊空木) 2018.06.09 -- 1(06/09)