FC2ブログ

イワガラミ(岩絡み) 2018.06.06 -- 1

2018.06.06(16:20)

【横浜市こども植物園】

180605 こども植物園 イワガラミ1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2018.06.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 岩や木にからまって育つから「イワガラミ」だということらしい。蔓性でよじ登る習性があるのだそうだ。
 初めて見たのは高尾山周辺で、その様子は素朴で感動的だった。


180605 こども植物園 イワガラミ2

 一度見てしまうと、小石川植物園にもあるし、横浜市こども植物園にも、横浜市環境支援センターにもあるのに気が付いた。「栽培はされていない」と書かれている本を2冊も見たが、一度植えると繁殖力旺盛とも書かれている。


【横浜市環境支援センター】

180605 環境支援センター イワガラミ1

 撮影場所:横浜市こども環境支援センター
 撮影日:2018.06.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 小石川植物園は陽当たりがよすぎて、内側の両性花が開く頃には装飾花は茶色く変色を始める。
 こども植物園と環境支援センターは適度に日陰なので、そこそこ美しい写真が撮れる。
 ただ、地味な花なので、好む人とあまり好まない人がいるだろう。


180605 環境支援センター イワガラミ2

 アジサイ科イワガラミ属ということで、属は独立している。アジサイの仲間だが、イワガラミはヤマアジサイの亜種・変種でもなく、ガクアジサイの仲間でもない。
 装飾花が1枚だけ、というのが特徴的な外見を見せている理由だ。


【小石川植物園】

180520 小石川植物園 イワガラミ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.05.20
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 小石川植物園は強い日に照らされていて、「両性花が咲いていてしかも装飾花が傷んでいないところ」を捜して撮影しなければならなかった。
 あまり明るいと、イワガラミのよさが引き立たない。


180520 小石川植物園 イワガラミ2


180520 小石川植物園 イワガラミ3マクロ

 最後に、細部がよく見える写真を一枚入れてみた。


2018年06月06日

  1. イワガラミ(岩絡み) 2018.06.06 -- 1(06/06)