FC2ブログ

ハンカチノキ(ハンカチの木) 2018.04.30 -- 1

2018.04.30(16:35)

180410 小石川植物園 ハンカチノキ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.10
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 今回の記事の写真には、4月10日に撮影したものと13日に撮影したものとがある。

 4月13日のときだったか、小石川植物園のハンカチの木付近では、連れ立ってやってきた7、8人のグループが賑やかである。
 青空に映える数多くの白い苞葉をながめ、「きれいねえ」などと騒いでいる。


180410 小石川植物園 ハンカチノキ2

 私は静かな環境で撮影したいので、一行をやり過ごすつもりで付近をうろうろしていると、
 あるおじさんが一人、「この花の雄しべ、雌しべはどうなっているんだ?」と声高に言っている。一緒にきた人たちはまったく相手にせず、隣としゃべりながらもう場を離れようとしている。
 「なんだ、こういうことに、誰も興味ないのか! 」とおじさんは腹立たしげだった。


180410 小石川植物園 ハンカチノキ3

 まあ、連れ立って団体でくるようなおばさんたち、おじさんたちは、流行に左右されて「ハンカチの木」というものをひと目見たくてやってきたのであって、そういう人たちと一緒に来るからだよ、と言いたいところだ。
 ただ、この木の魅力は高いところにひらひらしているハンカチに見立てた白い苞葉の美しさだから、素直にそれを楽しむのもよいだろう、と思っている。
 私の写真も10日に撮影したときはそういう写真ばかりだった。


180410 小石川植物園 ハンカチノキ4

 13日の撮影は陽射しの具合がいまひとつで、あまり質のよいマクロ写真は撮ることができなかったが、ハンカチの木の花は数多くの雄花と少数の両性花の集まりだ、というのが、一応定説のようだ。
 近くで撮影した13日の写真を一枚最後に入れたが、雌しべは判然としない。

 しかし、適当に撮っていても数多くの花を撮影して拡大して見ていくと、雌しべは見つかるのだ。
 たとえば上の写真、数多くの花が写っている写真のうち、真ん中の花を拡大してみると、左下に緑色の雌しべが付きだしているのがわかる。拡大しなくても「あ、これか! 」とわかるはずである。

 極端にトリミングして拡大すると、画面がざらついてしまうので、今回はトリミング写真は入れなかった。


180410 小石川植物園 ハンカチノキ5

 この写真では、花の真ん中のところにはたくさんの雄しべが付きだしているのだ、とわかるだろう。
 え? 雌しべが見えなければ満足しない、とおっしゃいますか?

 しかたない! あまりよい写真ではないのでやや不本意ではあるけれど、最後にもう一枚掲載しておきます。


180413 小石川植物園 ハンカチの花拡大

 来年機会があれば、雌しべに焦点をあてたもっとよい写真を撮るよう、努力いたします。

2018年04月30日

  1. ハンカチノキ(ハンカチの木) 2018.04.30 -- 1(04/30)