FC2ブログ

ノウルシ(野漆) 2018.04.09 -- 1

2018.04.09(16:50)

180327 自然教育園 ノウルシ

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2018.03.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 ノウルシ(野漆)の葉や茎を傷つけたときに出てくる乳液を肌の弱いところに付けてしまうと、ウルシにかぶれたような状態になるのでノウルシというそうだ。(「野草の名前[春]」(ヤマケイ文庫)による)
 白金台の国立科学博物館附属自然教育園の湿地に群生していて、いままで数回撮っているのだが、ブログに載せたことがない。
 日の光を受けて黄色に輝き、写真に撮っても全体が黄色の光に埋もれて細部の様子がよく見えなくなり、どんな花なのかわからなくなってしまうからだ。
 そんな理由でずっと未発表のままでいたが、いつまでもそういうわけにもいかないだろう、と掲載することにした。


180327 自然教育園 ノウルシアップ

 よく晴れた日に群生の様子を眺めると、日光を反射して黄色に輝いており、じつに美しい。
 だから、変な花と敬遠せずに、知っておきたい。絶滅危惧種Ⅱ類。
 「きれいに見えない」としたら、それは私の写真が悪いからだ。


180327 自然教育園 ノウルシマクロ2

 ノウルシはトウダイグサ科トウダイグサ属で、3月19日に掲載したチャボタイゲキ(矮鶏大戟)と同様に、細部の見た目が変わった花だ。
 トウダイグサの仲間はどれも似たようなものなので、花の構造については、自分が書いた下記の記事の解説に譲りたい。
 「トウダイグサの構造」(2016.04.15—2) ← クリックすると別のウインドウで開きます


190327 自然教育園 ノウルシマクロ修正

 ノウルシは、なんだか見た目がトウダイグサよりもっと変に見える。
 ようやくこの程度まで撮影できたという段階なので、今回は深入りはやめておく。


《追加掲載》2017.03.29 の ノウルシ 18:30 に追加しました

20170329 自然教育園 ノウルシアップ

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2017.03.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

2018年04月09日

  1. ノウルシ(野漆) 2018.04.09 -- 1(04/09)