本牧山頂公園のアカバナマンサク 2018.02.18 -- 1

2018.02.18(18:45)

180214 本牧山頂公園 アカバナマンサクの枝

 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影日:2018.02.14
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 アカバナマンサクの野生種は、分類上は、マルバマンサクの品種のひとつとされているらしい。
 そして、マルバマンサクはマンサクの日本海型変種だという。


180214 本牧山頂公園 アカバナマンサクの果実の殻と花と葉

 しかし、このアカバナマンサクは、本牧山頂公園に植栽されたもので、シナマンサクと1本ずつ交互に数本植えられたものを撮影している。
 一般に、公園などに植えられている園芸種のアカバナマンサクは、交配種だそうだ。
 アカバナマンサクの園芸種には、アメリカで作出されたマンサクとシナマンサクの交配種が多く、インターメディア(intermedia)というのがあるらしい。オレンジ色(ハマメリス・インターメディア エレナ)や濃い赤色(ハマメリス・インターメディア カーマイン・レッド)のものがある、という。


180214 本牧山頂公園 アカバナマンサクの果実の殻と花と葉2

 本牧山頂公園の木もシナマンサクとの交配種だからだろうか、隣のシナマンサクと同様にかなりの数の枯れ葉が枝に残っていた。


180214 本牧山頂公園 アカバナマンサクの花マクロ

 この日は急に陽が翳ったり強くなったりするたびに花の輝きが変化し、撮影は現場の環境に翻弄されて簡単ではなかった。

2018年02月18日

  1. 本牧山頂公園のアカバナマンサク 2018.02.18 -- 1(02/18)