fc2ブログ

サルトリイバラの実 2017.11.04 -- 1

2017.11.04(09:30)

【横浜市環境支援センター】(栽培・保護されているサルトリイバラ)

20171102 こども植物園 サルトリイバラ

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:201711.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 写真がどことなくおかしいのは、カメラと被写体のあいだに保護ネットがあるから。
 高さ2.5m くらいのサルトリイバラの木が数本。びっしりと実っているのを1、2ヶ月前くらいから知っていた。横浜市環境支援センターはなぜサルトリイバラをこんなにたくさん栽培しているのだろう、と思っていた。
 生薬に使うのは根茎で、実ではないはずなのに。

 この横浜市環境支援センターでサルトリイバラの実がどんなものかわかって、同じように実が付いている野生の木を捜してしていた。ところが、なかなか見つからない。
 11月2日の自然教育園でようやくサルトリイバラの実を見つけたが、藪の中で上の写真のようにきれいに球形になっているものは、簡単には見つけられない、と知ったのだった。


【国立科学博物館・附属自然教育園】

171101 自然教育園 サルトリイバラの実1

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:201711.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 なお、トップの写真で実が粉を吹いたようになっているが、これは蠟物質で、水分の蒸発を防いだり水を弾いたりして果皮面を保護しているのだそうだ。
 横浜市環境支援センターでは保護され栽培されているので、蠟物質は残っているが、自然教育園では台風の風雨にさらされた後なので、流されてしまったのだろう。


171101 自然教育園 サルトリイバラの実2


171101 自然教育園 サルトリイバラの実3


171101 自然教育園 サルトリイバラの実4

 サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属に分類される低木だ。
 わが家にも出てきて、この葉はなんだ、とびっくりしたことがある。ツル性植物に侵入されると、自宅の庭ではかなり神経質にならざるを得ないのだ。

2017年11月04日

  1. サルトリイバラの実 2017.11.04 -- 1(11/04)