FC2ブログ

アレチウリの実と雌花 2017.10.10 -- 1

2017.10.10(15:30)

171008 本牧山頂公園 アレチウリの葉と雄花のつぼみ

 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影日:2017.010.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 本牧山頂公園を訪れるのは数ヶ月ぶり。根岸森林公園と同様に、横浜植木株式会社が公園管理を請け負うようになってから、妙にきれいで整然としてしまい、さっぱりおもしろ味のない公園になってしまいましたが、そうはいってもフェンスの外の崖地まで草刈りの手は回りません。
 クズが猛威を振るっているのを見ながら、フェンス際を覗いてみると、なんだか葉の様子が違います。

 クズと同様に大きな葉ですが、上の葉はクズのような3出複葉になっていません。
 蔓の先に付いているのはつぼみでしょうか。


171008 本牧山頂公園 アレチウリの雄花のつぼみ

 近づいて見ましたが、やはり花が開いていないとよくわかりません。ただ、過去2回、この付近でアレチウリの雄花を見ているので、アレチウリを疑い、葉をめくってみました。


171008 本牧山頂公園 アレチウリの葉と実

 あ、これはアレチウリの実のようです。


171008 本牧山頂公園 アレチウリの雄花と蟻

 捜していると雄花が見つかりました。この雄花は以前にも撮影したことがあります。
 気合いを入れて近付いて、マクロレンズで撮影。蟻がたくさんついているのは、雄花に蜜腺があるのでしょうか。
 調べてみると、アレチウリはスズメバチほか蜂の仲間を引き寄せる性質がある、と言及しているブログが見つかりました。


171008 本牧山頂公園 アレチウリの雄花と実

 上はアレチウリの雄花と実のカップリング・ショット。

 こうなると、いままで雌花を観察したことがなく、写真もないので、どうしても雌花を見つけたくなります。
 あちらこちら、屈み込んで捜しました。


171008 本牧山頂公園 アレチウリの雌花

 ありました。雌花です。三つに分かれた柱頭が見えます。
 アレチウリの実は下の写真のようにまとまって、全体では丸く実るのですから、この雌花の形状には納得できます。
 きちんと開ききっていないのがとても残念です。


171008 本牧山頂公園 アレチウリの実

 過去の観察は、2011年の9月に雄花、10月に雄花と実でした。
 当時、雄花と雌花が別々だという認識もあまりなく、不勉強なままでした。
 今回、これでようやく、雄花、雌花、実が揃い、葉の形状や付き方もクズとの違いなど学習して、アレチウリについては自分でも納得がいくようになりました。

〈参考〉ウリ科の一年草。
    日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている、そうです。
    写真を撮った位置で観察する限りは、クズのほうがもっとおそろしい、という印象ですが、
    クズがなかったらこの付近はどんなふうになっているでしょうか。
    「実の棘は細くて硬くしなやかなので、ジーンズ程度の服ならば貫いて刺さったりする」(Wikipedia)そうです。

2017年10月10日

  1. アレチウリの実と雌花 2017.10.10 -- 1(10/10)