キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花 2017.08.16 -- 1

2017.08.16(21:30)

170624 小石川植物園 ウイキョウの花咲き始め

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.06.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 わが家の玄関前でかみさんがフェンネルを育てたのは2004年のことでした。
 きれいに咲いたな、と見ていたら派手な模様の幼虫が大発生。調べたら、キアゲハの幼虫でした。
 ブログの開設前のことで、写真はどこかに残っていると思いますが、すぐには見つかりません。


170708 小石川植物園 ウイキョウ全体

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 2006年にキアゲハの幼虫と再会したのは鉢植えのバセリでした。このときはブログの記事にしました。
 2008年は近所の崖のアシタバで大発生。これもブログの記事にしました。
 2015年はやはりプランターのパセリ。2匹だったのでかみさんはプランターのパセリで育てようとしたのですが、結局ほとんどのパセリの葉がキアゲハの幼虫に食われてしまいました。


170708 小石川植物園 ウイキョウの花とキアゲハの幼虫

 さて、今年は小石川植物園の薬草保存園で「ウイキョウ」の札を発見。
 咲いている様子を見ていたら、なんだかフェンネルに似ています。
 7月、キアゲハの幼虫が大発生したときに、「ウイキョウってフェンネルのことなんだ」とやっと気が付きました。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ1

 今回の写真は小石川植物園で撮影したものですが、7月中旬、千葉に住んでいる長女から、庭のフェンネルをチョウの幼虫に食われたと報告が入りました。
 やはりキアゲハでした。なんと、25匹も発生したとのこと!
 しかし、ある日の朝突然、5匹ばかりを残して急にいなくなり、どうしたかと思ったら両隣の家から、「わが家に変な虫がいるんですがなんだかわかりますか」と聞かれたそうです。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ2

 へぇー、キアゲハの幼虫って、食草を食べ尽くすと移動するんだ、とわかりました。
 残った幼虫はすぐ蛹になって、それを虫かごに入れて、キアゲハになるのを3歳半の長男と観察できた、と報告がありました。
 伊勢、熊野への旅行は、この騒ぎを終えて8月に入ってからのことです。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ3

 ジャコウアゲハの幼虫の記事を書いたのは、YAKUMAさんのところで成虫のチョウの写真が出てきたのがきっかけ。
 キアゲハの幼虫はもう時季外れになりますが、ジャコウアゲハの幼虫の記事を書いたので、今晩はそのついでにキアハゲの幼虫の回想記事を書いてみよう、と思いつきました。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ4

2017年08月16日

  1. キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花 2017.08.16 -- 1(08/16)