ハマユウと獅子岩《世界遺産》 2017.08.05 -- 1

2017.08.08(18:42)

170805 熊野 ハマユウと獅子岩1

 撮影場所:三重県熊野市井戸町
 撮影日:2017.08.05
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM

 とりあえず ハマユウにフォーカスを当てて1枚。
 「ハマユウは温暖な地方の海岸の花」と前にも紹介しましたが、紀伊半島は三重県熊野市井戸町の七里御浜沿いで撮影しました。

 背景の獅子岩は、2004年7月、ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録されています。
 幼児二人を伴った長女夫妻に連れられて、3日間の自動車旅行でした。現地では津市に赴任している長男が案内役。帰路は夏休みの帰省を兼ねて長男も一緒に帰ってきました。
 雨に多少は降られましたが、真っ先に伊勢神宮の天照坐皇大御神にお願いしたのがよかったか、外を歩くときに限って晴れており、1日の差で台風にも遭わず、帰宅できました。


170805 熊野 獅子岩

 獅子岩は、Wikipedia によりますと、「高さ約25メートル、周囲約210メートル。砂浜を挟んだ東隣に位置する鬼ヶ城の海蝕洞などと同様、波の侵食によって形成されたもの」。井戸町にある「大馬神社の狛犬になぞらえられており、そのため大馬神社には狛犬が置かれないでいる」そうです。

2017年08月08日

  1. ハマユウと獅子岩《世界遺産》 2017.08.05 -- 1(08/08)