サネカズラの花 2017.08.20 -- 1

2017.08.20(18:05)

170801 サネカズラのつぼみ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.08.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 8月1日の横浜市こども植物園。
 花のつぼみにしてはずいぶんと堅く引き締まっているので悩んだ。今年もまたサネカズラの花を見損ねたのだろうか。
 百人一首に歌がある。名にし負はば 逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな
 百人一首は好きなので、サネカズラにはこだわりがあり、花から実までひととおり見て「これがサネカズラだ」と納得したい、という想いがあった。


【8月18日 目黒・自然教育園のサネカズラの花】

170818 自然教育園 サネカズラの雄花1

 撮影場所:目黒・自然教育園
 撮影日:2017.08.18
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下2枚は同じ

 8月18日、目黒の自然教育園でサネカズラを見つけたが、つる性植物だからややこしく入り組んでいて撮りにくい。
 花を撮ろうとしたが、内側がよく見えない。下にカメラを突っ込んでみても暗くて焦点が合わない。
 四苦八苦しながらいくつか撮影した写真を下に並べるが、一番よく撮れている写真は禁断の方法、すなわち「つるごと花を持ち上げて片手で撮影する」を実行したものだ。


170818 自然教育園 サネカズラの雄花2


170818 自然教育園 サネカズラの雌花1

 それにしても何だか変である。
 ・赤い実のようなものが花弁の内側にあるのはいったい何なのか。
 ・萼が見えない。
 ・よく見えないものの、花弁の内側に何だか白っぽいものがあるらしい、花がある。

 それで8月19日、ふたたび横浜市こども植物園にいき、サネカズラの花を撮影した。


170819 こども植物園 サネカズラの雌花

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.08.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 「里山のつる性植物」(谷川栄子さん著)で調べた結果、花の内側にある赤い実のようなものは、「紅色の雄しべが球状に固まってついた集合体」であり、花の内側に見える淡い緑色のようなものに白い何かがくっついているのは「雌しべの集合体」で、子房の先に雌しべの花柱が付いていて、それがたくさん集まった状態なのだ、と判明した。(萼片と花弁ははっきり区別が付かない、との記述もあった)
 つまり、サネカズラには雄花と雌花があったのだ。

 サネカズラは園芸にも用いるらしい。雄株と雌株を植え付け、塀などに誘引してバランスよく絡ませて仕立てる、と「木の名前がわかる事典」(成美堂出版)に書かれている。(葉に)班が入ったものや果実が白いものまであるらしい。


〈参考〉サネカズラの実

161104 こども植物園 サネカズラの実

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.11.04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後に、昨年撮影した色付いたサネカズラの実を掲載しておく。
 ちなみに「さね」とは「実」のことだ。ATOK で「さね」とタイプして変換キーを押すと、ちゃんと「実」に変換してくれる。
 (注)百人一首では意味深長な掛詞になっている。

ナミアゲハ と バーベナ 2017.08.19 -- 1

2017.08.19(20:40)

170819 横浜市環境支援センター キアゲハとバーベナ

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2017.08.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ナミゲハとバーベナ。
 8月16日の記事の派手な幼虫が成虫になった姿です。
 今晩も、都合によりブログはお休みさせていただきます。

 〈追記〉キアゲハかと思いましたが、模様をよく調べたところ、ナミアゲハのようなので訂正いたしました。

キンミズヒキ 2017.08.18 -- 1

2017.08.18(19:00)

170801 こども植物園 キンミズヒキ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.08.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 キンミズヒキの、実ができかけている状態かな、と思います。

 今晩はブログはお休みです。
 慶應病院へ行った帰りに目黒の自然教育園に立ち寄ったのはよかったのですが、アングル・ファインダーを忘れていたので四苦八苦。
 低い姿勢での撮影は、暑さと湿気が厳しいので、とても消耗します。
 細かい記事を書こう、という気力がありません。

舞岡公園のハス 2017.08.17 --1

2017.08.17(18:35)

170729 舞岡公園 ハス

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 本日はブログはお休みといたします。
 なお、この記事の前に「キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花」の記事があります。


170729 舞岡公園 ハス2


170729 舞岡公園 ハス3

 今年は三渓園のハスを撮りにいきませんでしたので、ハスの写真はこれだけです。
 

キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花 2017.08.16 -- 1

2017.08.16(21:30)

170624 小石川植物園 ウイキョウの花咲き始め

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.06.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 わが家の玄関前でかみさんがフェンネルを育てたのは2004年のことでした。
 きれいに咲いたな、と見ていたら派手な模様の幼虫が大発生。調べたら、キアゲハの幼虫でした。
 ブログの開設前のことで、写真はどこかに残っていると思いますが、すぐには見つかりません。


170708 小石川植物園 ウイキョウ全体

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 2006年にキアゲハの幼虫と再会したのは鉢植えのバセリでした。このときはブログの記事にしました。
 2008年は近所の崖のアシタバで大発生。これもブログの記事にしました。
 2015年はやはりプランターのパセリ。2匹だったのでかみさんはプランターのパセリで育てようとしたのですが、結局ほとんどのパセリの葉がキアゲハの幼虫に食われてしまいました。


170708 小石川植物園 ウイキョウの花とキアゲハの幼虫

 さて、今年は小石川植物園の薬草保存園で「ウイキョウ」の札を発見。
 咲いている様子を見ていたら、なんだかフェンネルに似ています。
 7月、キアゲハの幼虫が大発生したときに、「ウイキョウってフェンネルのことなんだ」とやっと気が付きました。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ1

 今回の写真は小石川植物園で撮影したものですが、7月中旬、千葉に住んでいる長女から、庭のフェンネルをチョウの幼虫に食われたと報告が入りました。
 やはりキアゲハでした。なんと、25匹も発生したとのこと!
 しかし、ある日の朝突然、5匹ばかりを残して急にいなくなり、どうしたかと思ったら両隣の家から、「わが家に変な虫がいるんですがなんだかわかりますか」と聞かれたそうです。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ2

 へぇー、キアゲハの幼虫って、食草を食べ尽くすと移動するんだ、とわかりました。
 残った幼虫はすぐ蛹になって、それを虫かごに入れて、キアゲハになるのを3歳半の長男と観察できた、と報告がありました。
 伊勢、熊野への旅行は、この騒ぎを終えて8月に入ってからのことです。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ3

 ジャコウアゲハの幼虫の記事を書いたのは、YAKUMAさんのところで成虫のチョウの写真が出てきたのがきっかけ。
 キアゲハの幼虫はもう時季外れになりますが、ジャコウアゲハの幼虫の記事を書いたので、今晩はそのついでにキアハゲの幼虫の回想記事を書いてみよう、と思いつきました。


170708 小石川植物園 キアゲハの幼虫とウイキョウ4

ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサ

2017.08.15(17:25)

170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 ウマノスズクサの花の記事を、当ブログでは7月10日に掲載しました。
 舞岡公園のウマノスズクサの写真は、7月7日に撮影したものでした。
 そのウマノスズクサの様子を、7月29日に舞岡公園へ行ったとき、様子を見てきました。
 なんと、ジャコウアゲハの幼虫がたくさん、大きく育っていました。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫2

 ウマノスズクサはジャコウアゲハの幼虫の食草としてよく知られていますが、ジャコウアゲハはこのようにちゃんとウマノスズクサを見つけて、産卵に来ていることがわかります。
 ジャコウアゲハとはどんなチョウなのか?
 当ブログがお世話になっている「自然大好き《道端観察記》」の8月13日付の写真記事「念願の黒いチョウ…」へのリンクを設けましたので、太字アンダーラインをクリックしてご覧下さい。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫3

 大切なことをひとつ。ウマノスズクサは有毒です。
 毒性のあるアリストロキア酸を含んでいます。アリストロキア酸は、腎障害を引き起こすほか、人には発がん性もあるそうです。
 Wikipedia によりますと、「ジャコウアゲハは幼虫時代にウマノスズクサの葉を食べることによって、体内に毒を蓄積」します。「この毒は一生を通して体内に残るため、ジャコウアゲハを食べた捕食者は中毒をおこし、遂には捕食したものを殆ど吐き出してしまう。一度ジャコウアゲハを捕食して中毒を経験した捕食者は、ジャコウアゲハを捕食しなくなる」そうです。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫4

 ついでにもうひとつおもしろい情報を!
 「ベーツ型擬態」という言葉があります。
 上のジャコウアゲハの例で、ジャコウアゲハを食べた捕食者はジャコウアゲハを食べようとはしなくなるわけですが、それでは、ほかのチョウがジャコウアゲハを真似れば、食べられる可能性が減少しそうです。
 「ジャコウアゲハ類に擬態して身を守る」戦略です。こういう擬態の方法を「ベーツ型擬態」というそうです。
 日本では、クロアゲハ、オナガアゲハ、アゲハモドキの姿が、ジャコウアゲハに似せたベーツ型擬態であるとされているそうです。


170729 舞岡公園 ジャコウアゲハの幼虫5

 (注)色が濃くて、太いほうが幼虫の頭です。⇒ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサの続きを読む

エゾイヌゴマ 2017.08.14 -- 1

2017.08.14(17:10)

170729 舞岡ふるさとの森 イヌゴマ

 撮影場所:横浜市・舞岡ふるさとの森
 撮影日:2017.07.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 エゾイヌゴマ(蝦夷犬胡麻)だろうか。
 イヌゴマかと思ったが、このように茎や葉、萼に毛が多いものはエゾイヌゴマだ、とする比較写真をネットで見つけたので、一応「エゾイヌゴマ」ということにしようと思う。
 シソ科イヌゴマ属の多年草だ。

 ここは舞岡公園に至る里山の小道で「舞岡ふるさとの森」といわれる辺り。山裾の畑道から登ろうとするところで、エゾイヌゴマの下にはアマガエルがいた。


170729 舞岡ふるさとの森 アマガエル

 目を上げると、2m ほど先は休耕地で、下のような花々が植えられている。


170729 舞岡ふるさとの森 小道脇の花1


170729 舞岡ふるさとの森 小道脇の花2


170729 舞岡公園 アマチャヅル

 草むらを前にしゃがみ込んで周りを見回し、いい加減に撮った写真は、どうやらアマチャヅルの雄花らしい。
 後からわかったことで、最初からそうわかっていたら、もう少し慎重に写真を撮っていただろう。

 下の写真も、根岸森林公園で一度は見たことがある「エノキグサ」じゃないかなあ、と思いつつ、後で調べてみようと、その場では乱暴な撮り方をした写真。やはりエノキグサだった。


170729 舞岡公園 エノキグサ全体

 フォーカスが甘い。しかしこれ以上しっかり撮れている写真はない。
 少しでも気になった植物は、やはりていねいにきちんと撮っておくべきだ、と反省している。

2017年08月

  1. サネカズラの花 2017.08.20 -- 1(08/20)
  2. ナミアゲハ と バーベナ 2017.08.19 -- 1(08/19)
  3. キンミズヒキ 2017.08.18 -- 1(08/18)
  4. 舞岡公園のハス 2017.08.17 --1(08/17)
  5. キアゲハの幼虫 と ウイキョウ(フェンネル)の花 2017.08.16 -- 1(08/16)
  6. ジャコウアゲハの幼虫 と ウマノスズクサ(08/15)
  7. エゾイヌゴマ 2017.08.14 -- 1(08/14)
次のページ