FC2ブログ

イトラン(イトユッカ)ほか、ユッカの仲間 2017.06.23 -- 1

2017.06.23(21:40)

170524 自宅庭 イトユッカの花穂

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2017.05.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 庭のヤマボウシの木の根元に、かみさんが植えた単子葉植物が、少しずつ生長するけれど、何年もずっと葉を拡げたままで、庭でバーベキュー大会なんかやると、葉の端っこを踏まれているのが可愛そうだった。
 これは何なのか? 観葉植物なのか…、と思っていたが、ある日見たら急に花穂らしきものを伸ばしていた。


170608 自宅庭 イトユッカ全体

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2017.06.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012 下の写真も同じ

 そしてついに花を付けた。
 「あ、これは小石川植物園でも咲いているキミガヨランだ」と思った。
 ところがかみさんは「イトユッカ」だという。
 ユッカを Wikipedia で調べてみた。
 「ユッカ(学名:Yucca)は、リュウゼツラン科イトラン属(ユッカ属)の植物の総称」だという。


170608 自宅庭 イトユッカの花T


170608 自宅庭 イトユッカの花マクロ

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2017.06.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


《小石川植物園のイトラン》

170609 小石川植物園 イトランの花穂

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.06.09
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 念のため6月9日に小石川植物園でよく観察してみた。
 上は小石川植物園のイトランの写真。こちらは花穂がいまにも咲きそうになっているがまだ開いていない。
 ユッカ属の「イトラン」と、かみさんのいう「イトユッカ」は、おそらく同じ植物の呼び名の違いだろう。
 学名は Yucca filamentosa だということだ。正式な日本名がイトランでも、学名がユッカなのだから、本来イトユッカとすべきだったのではないか、と思う。


【キミガヨラン】(小石川植物園)

170609 小石川植物園 キミガヨランの花

 さて、上の写真は、小石川植物園で以前から咲いているのを何度か見ているキミガヨランである。
 とてもよく似ている。
 やみくもにネットで調べていくと、そもそもイトランとキミガヨランは外見的にほとんど区別できない花を咲かせるらしい。
 小石川植物園のイトランが、キミガヨランそっくりの花を咲かせるのは時間の問題だ、と思われる。


【横浜市環境支援センターのユッカの仲間】

170617 こども植物園 ユッカの仲間

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 6月17日、横浜市環境支援センターを歩いていたら、上の写真の植物を見つけた。
 札が見えないので、これが正確に何なのかわからないが、まあ、イトランかキミガヨランのどちらかなのだろう、と思った。

 まとめると、リュウゼツラン科イトラン属(ユッカ属)には、センジュラン、ジョシュア・ツリー、イトラン(イトユッカ)、キミガヨランなどいろいろあるが、イトランとキミガヨランはよく似た花を咲かせるので、いまの私には区別が付かない、ということである。

2017年06月23日

  1. イトラン(イトユッカ)ほか、ユッカの仲間 2017.06.23 -- 1(06/23)