FC2ブログ

イワガラミ 2017.06.04 -- 1

2017.06.04(16:50)

170528 小石川植物園 イワガラミ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.05.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 小石川植物園には「分類標本園」というスペースがある。
 生きた植物を見て植物の分類体系を学べるように、東アジアに分布する種を中心に、約500種の代表的な植物が、ほぼエングラーの分類体系に従って植えられている。
 写真のイワガラミ(アジサイ科イワガラミ属)は5月28日に分類標本園にて撮影したものだ。
 この時点では、分類標本園で目を惹いたから撮影しただけで、イワガラミがどのような植物なのか、私は少しもわかっていなかった。


170528 小石川植物園 イワガラミ2

 6月3日(昨日)、Tさんのグループに参加する形で御岳山〜大岳山(標高1,266m)登山のハイキングに挑戦した。
 御岳山から大岳山へ向かう山道に沿い、林間に数多くのイワガラミが咲いているのを見て、その美しさに感動した。残念ながら iPhoneの充電を忘れていて写真を撮ることはできなかったが、これこそがイワガラミなのだ、と納得した。


170528 小石川植物園 イワガラミ3

 写真のイワガラミは装飾花はきれいだが、装飾花に囲まれた内側の、本来の花の部分はまったく開いていない。
 残念な写真ではあるが、仕方がない。
 いずれまたチャンスはあるだろう。


170528 小石川植物園 イワガラミ4


【御岳山〜大岳山ハイキング】
 
 昨日は御岳山ケーブルカーで御岳山駅(標高831m)まで行き、多少のアップダウンを経て御岳山(標高929m)を目指した。
 その後また少し下ってから、「天狗の腰掛杉」を経て大岳山(標高1,266m)山頂を目指して登った。
 途中は道幅が狭く崖が迫り、いわゆる鎖(クサリ)場や、岩場登りをせざるを得ないところもあった。
 大岳山で昼食をとり、奥多摩駅までの下りを目指すメイングループと別れ、私はSan Poの会リーダーのNさんと「鍋割山」、御岳山「奥の院」を経て御岳山駅へ戻るコースを行くことにした。鍋割山は標高1084m、奥の院は標高1077m だが、一度下ればまた登らなければならない。
 また下りは下りで、昨年から多少の痛みが出てきた右膝をかばいつつ、注意深く歩かねばならなかった。
 それでも、奥多摩駅近くの「麻葉の湯」で合流したメイングループのメンバーから聞いたところでは、メイングループの下りはあまりにも長時間で、脚がけいれんするメンバーが2人も出たとか…。
 無理をしないでよかった、と思う。
 私は結果的に家を出てから帰宅まで 31,516歩、23.29km、239分間(約4時間)のウォーキングだった。記録を取り始めた昨年8月からの最高記録だった。

 そんな状況だったので、荷物のメインは水分と弁当と着替えであり、カメラなど重いものは持たず、ただひたすら注意深く、頑張って歩くのみで、花の写真どころではなかったのである。
 帰宅後もブログの更新の余力はなかった。

2017年06月04日

  1. イワガラミ 2017.06.04 -- 1(06/04)