ハナヒョウタンボク(花瓢箪木) 2017.05.19 -- 1

2017.05.19(18:50)

170423 小石川植物園 ハナヒョウタンボク1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.04.23
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 4月23日に小石川植物園の正門を通り、広い上り坂を半分登った2人の右側、大きな木々の下へ入っていったら、枝にスイカズラのような花が咲いていた。
 一般に見られるスイカズラはつる性の低木だが、木の大きさは5、6m はあろうかという大きさで、枝を大きく張り出して陽光を遮っている。その大きな木の枝にスイカズラらしき花が咲いているが、木の大きさからしてスイカズラであるはずがない、と思った。
 名札を捜して確認すると、「ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)」とあった。


170423 小石川植物園 ハナヒョウタンボク2

 昨日までの記事を復習すると、
● スイカズラの別名は「キンギンカ(金銀花)」である。
● 同じスイカズラ属の正式名「キンギンボク(金銀木)」の別名は「ヒョウタンボク(瓢箪木)」である。
● 同じスイカズラ属の正式名「ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)」が、本日ご覧いただいている花である。
 書いていて、紛らわしくて嫌になってくる(笑)。


170423 小石川植物園 ハナヒョウタンボク3

 スイカズラ(別名:キンギンカ)とキンギンボクの違いは、実の付き方や実の色が違う、と昨日書いた。
 キンギンボク(別名:ヒョウタンボク)とハナヒョウタンボクの違いはどこにあるのだろうか。

 キンギンボクが「ヒョウタンボク」で、ハナヒョウタンボクにだけ「花」と頭に付く理由は、「葉や枝がキンギンボクほど毛深くないから」だという。
 そんなこと言われたって、いまさら後の祭り。
 葉や枝の毛深さの違いがわかるような写真を撮影しているほど私は用意周到ではない。 


170423 小石川植物園 ハナヒョウタンボク4

 小石川植物園のハナヒョウタンボクは、雨風のせいか、葯が落ちてしまっているものが多く、暗がりの中の木漏れ日での写真撮影はかなり困難だった。
 しかし、近隣では見られない花だし、絶滅危惧II類(VU)に登録されているらしいので、ともかくも記録しておきたい、と記事にした。


170423 小石川植物園 ハナヒョウタンボク5

 果実の時期にもう一度確認したいが、赤い実がなるらしい。「食べられる」と書いてある本と「有毒だ」と書いてある本があるらしい。あるサイトで「恐る恐るハナヒョウタンボクの実を口に含んでみた」と書いてあった。甘みはなくて、「食べられる」とはとても思えない、というのがその方の結論だそうだ。
 キンギンボク(ヒョウタンボク)の実は合着して瓢箪のような形になるが、ハナヒョウタンボクは2個並ぶけれども合着はしないそうだ。

 とりあえず、スイカズラ属の代表的な3種を記事にし終えた。今年はまだ、ウグイスカグラを記事にしていない。実は甘みがあり、食べられるそうである。

2017年05月19日

  1. ハナヒョウタンボク(花瓢箪木) 2017.05.19 -- 1(05/19)