FC2ブログ

イヌザクラ 2017.04.27 -- 1

2017.04.27(16:00)

170423 小石川植物園 イヌザクラ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.04.23
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 小石川植物園へ行くと、園内のただひとつの売店兼食堂で、いつもスマホと鉛筆を持って考え込んでいる方がいらっしゃる。毎日のように通われて、園内の新しく咲いた花の写真を撮り、Facebook に載せるのだが、必ず一句添えると決めていらして、その句に悩んでいるというわけだ。
 私は必ず声を掛けて、新しく咲いたお奨めの花の情報を教えていただいている。
 初めて咲いたソメイヨシノ、カタクリ、胡蝶侘助などの情報をこれまでいただいたが、この日(4月23日)はイヌザクラだ。
 入り口に近い大木なのだが、周囲をやはり大木が囲んでいて、木の下のほうまで入っていかないとなかなか気が付かない。見逃していた私は大助かりである。


170423 小石川植物園 イヌザクラアップ2

 さて、これでもバラ科サクラ属(ウワミズザクラ属)だ。ぱっと見た目はとてもサクラの仲間だとは思えない。
 近い仲間ではウワミズザクラのほうがよく知られ、好まれているようだ。


170423 小石川植物園 イヌザクラアップ3

 自分の撮影した写真を点検していて妙な違和感があるのは、花弁が落ちたり、反り返ったりしている花もかなりあるのに、雄しべはぴんぴんしてツンと伸びているからだろう。


170423 小石川植物園 イヌザクラアップ4

 調べてみると、バクチノキ、セイヨウバクチノキ、リンボクなどが、かなり紛らわしい様子の花を咲かせるらしい。このうち、セイヨウバクチノキは同じ小石川植物園の深い林の中で見つけた。
 セイヨウバクチノキの花はまた後日紹介したい。

 追記(18:30):サクラはサクラ属ひとつのみとする考え方と、
         昨日のニワザクラなどニワウメ属やウワミズザクラ属など、
         数多くの亜属をすべて1属とする考え方が併存するようです。
         後者の考え方に従えば、イヌザクラはウワミズザクラ属になります。
         (多摩NTの住人さんからご指摘があったので…)

2017年04月27日

  1. イヌザクラ 2017.04.27 -- 1(04/27)