FC2ブログ

アブラチャン 2017.04.24 -- 1

2017.04.24(15:40)

【林の中の雄花】

170319 小石川植物園林内 アブラチャン1

 撮影場所:小石川植物園・林内
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下、カメラとレンズと撮影日は同じ

 3月19日、当ブログではいまだに写真のないクスノキ科の「アブラチャン」を小石川植物園で見つけた。
 ぱっと見て「これはきれいだ」と思ったのは林内で木漏れ日を浴びるアブラチャンだったが、事後にPC画面で確認してみると、イメージ画像としてはきれいだが、花の細部が見分けられない失敗写真ばかりだ。
 

170319 小石川植物園林内 アブラチャン2


【区画割りされた区画内の小木の雌花】

170319 小石川植物園林外 アブラチャンアップ1

 一方、きちんと区画割りされた中のアブラチャンの小木は、ふだんから日が当たりすぎるのか元気がなく、花が咲いた様子もいかにもぱっとしない。
 天候もそのときは薄日が射しているだけの状態で、見るからにつまらない写真が出来上がった。


170319 小石川植物園林外 アブラチャンアップ2

 ところが、PC画面で確認すると細部はきれいに写っている。なんともラッキーだ。

 写真を整理しているいまになって判明したのは、
 林内で細部の撮影に失敗したのは雄株の雄花で、区画内の小木で細部の撮影に成功したのは雌株の雌花だった、ということだ。


170319 小石川植物園林外 アブラチャンアップ5

 いずれにせよ、クスノキ科の花には、とくにアブラチャンの雌花には、「仮雄しべ」だとかオレンジ色の「腺体」だとかが附属し、構造が複雑な上に、色の構成は濃淡の黄色や淡緑色ばかりだから、細部を見分けられるように撮影するには、光や風などが最適であるなど「ツキ」が必要だ。

 雄花の細部がよくわかる写真はまた来年ということにせざるを得ないが、もはや仕方がない。
スポンサーサイト




2017年04月24日

  1. アブラチャン 2017.04.24 -- 1(04/24)