「吉野」と「黒潮」〜ツツジなのか シャクナゲなのか

2017.04.21(21:20)

【横浜イングリッシュガーデンの「吉野」】

170328 イングリッシュガーデン 吉野

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.03.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 横浜イングリッシュガーデンで「吉野」というツツジがたくさん植えられていて、3月だというのに早咲きできれいだな、と感心していました。


170328 イングリッシュガーデン 吉野2


【横浜市こども植物園の「吉野」】

170328 こども植物園 吉野

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.03.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ところが 横浜市こども植物園にも「吉野」があって、こちらでは「ツツジ」ではなく「シャクナゲ」に分類されているのです。


170328 こども植物園 「吉野」の立て札

 それで私は調べ始めましたが、どうも横浜に平野重一さんという方がいらっしゃって、シャクナゲとツツジの交配種を手掛けているらしいのです。


170329こども植物園 平野重一氏のの立て札

 朝日新聞社の『花おりおり』には次のように記載されています。
 ———— ソメイヨシノの咲く頃に満開、それをイメージし、作出者の平野重一さんが「吉野」と命名。雲南のスカブリフォリウムにゲンカイツツジを1968年に交配、育成した。母親に似て常緑で、花弁は切れ込む。80年に種苗登録、2002年にはオランダのフロリアードで金賞。------


【横浜市こども植物園の「黒潮」】

170418 こども植物園 黒潮1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.04.18
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 4月18日には、今度は こども植物園で「黒潮」という品種を見つけてしまいました。


170418 こども植物園 黒潮の立て札

 園芸ネット本店の販売サイトに書かれている記事によると、
 「黒潮(くろしお)はツツジの仲間では珍しい青紫色の花を咲かせる中低木の小輪系シャクナゲです。丹那ゲンカイツツジとクレーターレイクの交配種」
 ……ということで、販売業者によってはブルーツツジとして販売していたり、シャクナゲとして販売していたり、いろいろのようです。


170418 こども植物園 黒潮2

 どうやら、よく販売されている「吉野」も「黒船」も、「春一番」や「さざなみ」といった品種も、平野重一さんが作出されたもののようです。


〈参考〉ゲンカイツツジ(2017.03.19)〜「吉野」の片親(に近い)品種

170319 小石川植物園 ゲンカイツツジ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 あまりよい写真ではありません、ご免なさい。ないよりはよいだろう、ということで。

 
 季節柄、更新のペースを加速しています。
 この記事の前には、ヤドリギ、テンダイウヤク、フジザクラ、ダイサギ、カタクリなどの記事があります。

ヤドリギ 2017.04.21 -- 1

2017.04.21(15:00)

170413 小石川植物園 ヤドリギ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.04.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ヤドリギです。よく成長していました。
 ふつうのヤドリギだと思いますが、木が高くて近付いて観察できませんでした。
 それが何の木だったかも忘れてしまいました。


 季節柄、更新のペースを加速しています。
 この記事の前には、テンダイウヤク、フジザクラ、ダイサギ、カタクリなどの記事があります。

2017年04月21日

  1. 「吉野」と「黒潮」〜ツツジなのか シャクナゲなのか(04/21)
  2. ヤドリギ 2017.04.21 -- 1(04/21)