ダイサギ 2017.03.29 -- 2

2017.04.19(23:30)

170329 自然教育園 ダイサギ1

 撮影場所:国立科学博物館・附属自然教育園
 撮影日:2017.03.39
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 3月29日、目黒の自然教育園の水生植物園の池です。

 近くでこの自然教育園の常連さんと思われるおじさんたちが車座になって雑談しています。
 ダイサギなんか見慣れているとばかりに無視。
 ダイサギのほうは、餌あさりに集中していて、おじさんたちの大声の雑談には我関せず。
 私は100mm マクロを構えてじわじわと寄っていきますが、ダイサギはあまり気にしてはいないようでした。


170329 自然教育園 ダイサギ2


170329 自然教育園 ダイサギ3


170329 自然教育園 ダイサギ4


170329 自然教育園 ダイサギ5


170329 自然教育園 ダイサギ6


170329 自然教育園 ダイサギ7


 なお、本日はこの記事の前にも「カタクリ」の写真記事があります。

カタクリ 2017.04.19 -- 1

2017.04.19(17:45)

170329 自然教育園 カタクリ1

 撮影場所:国立科学博物館・附属自然教育園
 撮影日:2017.03.39
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 昔はこのカタクリの球根から片栗粉をとった。
 いま片栗粉をしらべると「生成したデンプンの粉のこと」とあり、「近年はジャガイモから製造されている」と記載されている。


170329 自然教育園 カタクリ2

 ある方の研究では、種子から開花まで7年かかるそうだ。
 それだけ苦労してカタクリをたくさん咲かせても、シーズンにはカメラマンが殺到して場を荒らしてしまう。
 そういう人たちの姿を見るのが嫌で、神奈川県の「城山カタクリの里」は意識的に避けるようになった。


170329 自然教育園 カタクリアップ3

 この写真のカタクリは偶然に見つけた。
 アオキばかりの目立つ「森の小道」をとぼとぼと歩いて行くと、「武蔵野植物園」といわれる辺りに辿り着くが、その付近だったと思う。いままでここまで来たことがなかったのだった。


170329 自然教育園 カタクリ4

 まだ咲き始めだろうか…、付近には私を含めて2、3人しかお客さんがいなかった。


170329 自然教育園 カタクリ5

 カタクリの手前は、ヒメカンスゲの咲き始めだろうか。
 スゲ属のことは、私にはまだよくわからない。

2017年04月19日

  1. ダイサギ 2017.03.29 -- 2(04/19)
  2. カタクリ 2017.04.19 -- 1(04/19)