FC2ブログ

ハチジョウキブシ 2017.03.27 -- 2

2017.03.27(23:00)

170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 ヒマラヤキブシの記事(2017.03.25 — 1)の記事で、日本のキブシには、ハチジョウキブシ、ナンバンキブシ、エノシマキブシなどがあると書きました。この「ハチジョウキブシ」はナンバンキブシに含める、との見解もあるそうです。
 見た目が壮観です。長い花房とその数がとても多い。


170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ2

 朝日新聞社の『花おりおり』の第4巻によりますと、花は花弁4枚、雄しべ8本、雌しべ4室だそうです。
 この株は雄しべの葯に花粉が付いているのが見え、雄株のようでした。


170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ3

 そうはいっても。ある方が小石川植物園でハチジョウキブシの実がなっていないか確認したところ、ごく少数ですが、実っているのを確認したそうです。雄株とはいえ、実がまったくならないわけではないらしい、と書かれていました。


170319 小石川植物園 ハチジョウキブシ4

 じつは、「小石川植物園で3月19日に初めて見た花」だけでもかなりたくさんのストックがあります。
 現在のペースで写真を掲載していては、大量のデッドストックができてしまいそうなので、1日の記事の数を増やしたい、と考えております。写真を整理・現像し、それらの植物を調べ、記事を書き続ける体力と、次々と花開く春の勢いとの競争になってきますが、頑張りたいと思います。

 この記事の前には「ハナモモ 寒白」「ツバキ 光源氏」などの記事があります。
スポンサーサイト




寒白(ハナモモ) 2017.02.27 -- 1

2017.03.27(17:40)

170318 イングリッシュガーデン ハナモモ寒白1

 撮影場所:横浜イングリッシュガーデン
 撮影日:2017.03.18
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 「寒白」は最も早咲きのハナモモだそうです。
 八重咲きで色は純白、萼は緑色、ほぼ同時に新緑の葉が出てきます。


170318 イングリッシュガーデン ハナモモ寒白2

 朝日新聞社の『花おりおり』によりますと、「寒白」は「関白」とも表記され、戦前から知られていたそうですが、明治をさかのぼらないとのことでした。


《参考》根岸森林公園のハナモモ「寒白」(2016.03.17)

160317 ハナモモ寒白 根岸森林公園

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.03.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 例年根岸森林公園でもハナモモを撮影していますが、品種はやはり「寒白」だと思われます。
 根岸森林公園の「寒白」は東に高い崖と林があり、午前中は陽の当たり方が刻々と変化します。撮影がとても面倒なので今年はパスしたのですが、ここイングリッシュガーデンで出会うと、やはりこの美しさに惹かれ、レンズを向けてしまいました。

2017年03月27日

  1. ハチジョウキブシ 2017.03.27 -- 2(03/27)
  2. 寒白(ハナモモ) 2017.02.27 -- 1(03/27)