FC2ブログ

ラクウショウとメタセコイアの紅葉 2017.01.03 -- 1

2017.01.03(21:40)

161130 根岸森林公園 ラクウショウの紅葉T

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012

 タムロンの35mm 単焦点レンズの画像がすばらい出来だったので、トップの1枚の縦画像の写真のみ、あえて縦990px X 横660px にしてあります。
 おそらく、「縦スクロールしなければ見えない」という方が出てくるかと思いますが、いつもの 縦900px X 横600px にしてしまうと、この絵のおもしろさが消えてしまうと思われます。元画像は 縦5760px X 横3840px で撮影してあります。できれば、横5120px X 縦2880px くらいの精細度の高画質ディスプレイでご覧いただきたいところです。
 たまに1枚くらい、許されるのではないかと期待しております。


161130 根岸森林公園 ラクウショウの紅葉斜め横

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM

 根岸森林公園では、カルガモとカメとコイがいる小さな池の畔に、ラクウショウが数本、その横の丘の上にメタセコイアが1本あります。数本まとまっているのはラクウショウで、最後の1枚のみがメタセコイアです。
 写真はすべて11月30日の撮影です。


161130 根岸森林公園 ラクウショウの紅葉縦

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM


151130 根岸森林公園 ラクウショウの紅葉横flat

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM


161130 根岸森林公園 ラクウショウの花穂

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 これはラクウショウの花穂が見えています。
 開花はしていない、と思います。


161130 根岸森林公園 メタセコイアの紅葉縦

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2016.11.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 メタセコイアの紅葉です。
 メタセコイアも花穂が垂れ下がっているのが見えます。

 
 今ごろ紅葉の写真でご免なさい。でも、ボツにしてしまうのも惜しい。過ぎた秋を思い出してくださいませ。

エンジェル・フェイス 2017.01.02 -- 1

2017.01.02(14:55)

161225 自宅庭 エンジェル・フェイス

 撮影場所:自宅ウッドデッキ・鉢植え
 撮影日:2016.12.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

写真は「エンジェル・フェイス」。米国の Swim and Weeks というブリーダーが1969年に作出したフロリバンダ系のバラ。 All-America Rose Selections(AARS)の 1969年受賞花です。
花色は「ルビー色に赤らんだラヴェンダー色」(Clear medium lavender blushes ruby)と説明されています。
もう少し深い紅色が特徴のウィリアム・シェイクスピアを購入した際に、おまけに付けられてきたバラでした。
昨年は11月中旬がピークでしたが、今年は12月下旬以降にずれ込んで咲いています。


1612329 自宅庭 エンジェル・フェイス

 撮影場所:自宅ウッドデッキ・鉢植え
 撮影日:2016.12.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


161230 自宅庭 エンジェル・フェイス

 撮影場所:自宅ウッドデッキ・鉢植え
 撮影日:2016.12.30
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ


161230 自宅庭 エンジェル・フェイス後ろ姿


161231 ラファエロ Sistine Madonna
The Sistine Madonna (detail)
1513-14
Oil on canvas
Gemäldegalerie, Dresden

「エンジェル・フェイス」というから、日本語に訳すならば「天使の顔つき」でしょうか。この「フェイス」には顔色とかいうように「表情」というようなニュアンスが含まれています。
「天使の顔つき」といえば、誰もが思い浮かべるのがラファエロが描いた天使たちです。
天使とはつまり「神の御使い」なのですが、宗教画に何回も描かれるうち、ギリシャ神話のエロス(クピド)とともに幼児化して描かれることが増え、上のように裸体の幼児の背に羽があるかたちで描かれることが多くなっていきました。
この絵は「システィーナの聖母」というラファエロが描いた聖母像の足下に、額に肘をついてもたれかかっていると見えるよう描き添えられた天使たちで、おそらくは世界でもつとも有名な天使たちです。
というのは、切手、カレンダーなどのデザイン画として、この天使たちだけが切り取られた画像が添付され、みやげもの店などを通じて世界中にばらまかれているからです。


《参考》原画「システィーナの聖母」

170102 システィーナの聖母
The Sistine Madonna
1513-14
Oil on canvas
Gemäldegalerie, Dresden
(写真はWeb Gallery of Art からダウンロードしたもの。著作権はパブリック・ドメインです)

新年のご挨拶 2017.01.01 -- 1

2017.01.01(00:00)

 みなさん、新年あけましておめでとうございます

161231 馬の博物館 門松

 今年も花の写真を中心に、季節の移り変わりを記録しつつ、あれやこれやと気の向くままに、みなさまに楽しんでいただけるような記事を掲載していきたいと思いますので、昨年にひき続き、ご贔屓賜りますようお願い申し上げます。

2017年01月

  1. ラクウショウとメタセコイアの紅葉 2017.01.03 -- 1(01/03)
  2. エンジェル・フェイス 2017.01.02 -- 1(01/02)
  3. 新年のご挨拶 2017.01.01 -- 1(01/01)
前のページ