FC2ブログ

気難しい女神アルテミス 2016.12.28

2016.12.28(18:15)

161211 自宅庭 アルテミス

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.12.11
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 2枚目も同じ

 写真のバラは「アルテミス」。病害に強く、花数も多いバラとして、育てやすいつるバラという定評があります。


161211 自宅庭 アルテミス2

 前回のナエマの記事に書きましたように、「ナエマ」はアルテミス以上に強健で、横へ広がるだけでなくさらに空へと高く伸び上がっていくので、「アルテミス」はナエマの樹勢に押され、ウッドデッキの柵の端、4分の1くらいのスペースに追いやられています。
 春のアルテミスは比較的早咲き。アルテミスが終わりに近付く頃、遅咲きのナエマが咲き始めます。紅白揃って咲いている日数は、予定していたほど長くはありません。


161213 自宅庭 アルテミス

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.12.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 アルテミスは、強い直射日光に当たると花の傷みが早いような気もします。ウッドデッキ付近はわが家で一番陽当たりがよく、どうもアルテミスを楽しめる期間が短いような気がしてならず、花数もさほど多いとは言いがたい。
 花数はまあ、誘引するスペースがナエマに押されて狭くなっているせいかも知れませんが。
 販売業者のセールス・トークよりは「気難しいバラ」の印象があります。


161215 自宅庭 アルテミス

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.12.15
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 しかし、冬バラは春とは違い、ごらんのように傷みも少なく、たいへん美しいです。
 女神の名がふさわしい感じがします。


161217 自宅庭 アルテミス

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.12.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


161224 自宅庭 アルテミス

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.12.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


161227 水浴するディアナ
 (写真はWeb Gallery of Art からダウンロードしたもの。著作権はパブリック・ドメインです)

 「アルテミス」というのはギリシャ神話の狩猟・貞潔の女神で、ローマ神話のディアナに当たります。英語名ではダイアナになります。
 上の写真はフランソワ・ブーシェの「ディアナの水浴」です。

 この絵の全体から匂い立つような色気に唸っていたわけですが、ブーシェはそもそもそれをウリにしていたロココ絵画の大家です。「男性の姿がない」と指摘する方もいらっしゃるだろうと思いますが、アルテミスは大の男嫌い。自分に仕えているニンフたちを引き連れ狩猟に明け暮れる毎日ですが、「純潔の女神」でもあるのです。
 真っ白ではなく、少しクリーム色がかかって色気を感じさせるバラのアルテミスに通じるように感じます。


水浴するディアナ(部分)

 なかなか気難しい女神で、自分に仕えていたニンフのカリストがゼウスが目を付けられ、処女を失ってしまったことに腹を立てると、カリストを牝熊に変えてしまう、という恐いところのある女神でもあります。
 バラのアルテミスと同様に、美しいけれどもちょっと気難しいのです。

 なお、紹介したブーシェの絵はロココ絵画の代表的な絵としてよく引用されますので、憶えておかれるとよいと思います。
 冬バラのアルテミスは花持ちもよく、傷みも少なく、長い間咲いてくれています。今年は冬バラの魅力をたっぷり味わいながら、数日後には新年を迎えようとしています。

2016年12月28日

  1. 気難しい女神アルテミス 2016.12.28(12/28)