FC2ブログ

イヌビワの黄葉 2016.12.09 -- 1

2016.12.09(18:00)

161207 近所 イヌビワの木

 撮影場所:自宅近所の崖
 撮影日:2016.12.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 近所のイヌビワの木です。
 数年前からこの黄葉が気になり、何の木なのか調べようと思い、ようやく葉の形から「イヌビワ」ではないか、と見当を付けましたが、確信がないし、実が見つからない。
 今年4月、横浜市こども植物園で札のある木を見つけ、実の付き方など憶えました。その後、近所の木の枝にも同様の実を見つけることができ、「やはりイヌビワだったか」と確信しました。


161207 近所 イヌビワの葉アップ

 撮影場所:自宅近所の崖
 撮影日:2016.12.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 見分け方、憶え方として、もっも確実なのは「葉の形」だと思います。
 この独特の形状は、いかにもありそうでいて、ほかに同じ形の葉を見たことがありません。


161207 近所 イヌビワの実

 撮影場所:自宅近所の崖
 撮影日:2016.12.07
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


 この実は以前(7月下旬) hirugao さんからのコメントに、「イヌビワというよりイヌイチジクのよう…」との感想をいただいたことがありますが、たしかにそんな感じがします。
 下に、横浜市こども植物園で4月に撮影した写真も掲載します。


《参考写真》横浜市こども植物園のイヌビワ(4月)

160425 こども植物園 イヌビワの実再

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.04.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 調べてみると、hirugao さんのこのコメントはじつに鋭いポイントを突いていたようです。
 イヌビワはクワ科イチジク属。
 イチジクと同様に、イヌビワは外から見ていても花を見ることはできないそうです。つぼみ状のものが少しずつ大きくなっていって、いわゆる開花することがないまま熟してしまう。
 花の場合は花嚢(かのう)といいい、実の場合は果嚢(かのう)という。素人にはどちらだか区別が付きません。
 そして雌雄異株なので、この実には雄果嚢(おかのう)と雌果嚢(めかのう)の区別があるらしい。
 熟した実を割った写真を見ると、内部はまさにイチジクのような様子です。甘くて食べられるそうです。


160425 横浜市こども植物園 イヌビワの枝

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.04.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 実の熟し方はイチジクと似ているようです。今年は横浜こども植物園とわが家の近所と、ときどき観察してきましたが、熟しているらしく色の紅黒い実と、まだ青い実と、いつも何かしら実が付いています。イチジク同様に、時間をかけてじわじわと熟していくのだと思われます。
 近所のイヌビワの実も、手が届くところで熟したらしいのが出てきたら、試しに味見してみようと思います。

2016年12月09日

  1. イヌビワの黄葉 2016.12.09 -- 1(12/09)