FC2ブログ

ガマズミの虫こぶ 2016.11.06 -- 1

2016.11.06(19:45)

20161031 舞岡公園 ガマズミの虫こぶ1

 撮影場所:横浜市・舞岡公園
 撮影日:2016.10.31 2枚目も同じ

 「ガマズミミケフシ」というらしい。ガマズミミケフシタマバエの寄生によりできるという。
 舞岡公園で昨日のガマズミの写真を撮っている際に見つけた。


20161031 舞岡公園 ガマズミの虫こぶ2

 ここで少し整理をしておくと、虫こぶ(虫えい)の名称は「植物の名前+虫えいのできた場所+虫えいの形+"フシ”」と名付けるというルールがあるそうだ。
 今回は「ガマズミ」「実」「毛」「フシ」だろうか。
 だが、ときどき「何だか当てはまらないのではないか」と思うものもある。
 いままでにブログに掲載した虫こぶを下の並べてみた。


【ヌルデの虫こぶ 〜 五倍子 または ヌルデノミミフシ】

20161012 こども植物園 ヌルデの虫こぶ五倍子

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.10.12

 ヌルデの場合、ヌルデシロウブラムシが寄生して作るこの虫こぶを、どうして「五倍子」(読みはゴバイシあるいはただフシと読む)だけで済ませてしまうのか。
 生薬の名前がそのまま慣習で使われているのだろうか。
 正式名はたぶん「ヌルデノミミフシ」がそれなのだろう。ただ「ノ」「ミ」「ミ」をどう解釈するのかがよくわからない。


【エゴノキの虫こぶ 〜 エゴノネコアシフシ】

20160617 こども植物園 エゴノネコアシフシ修正版

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.06.17

 エゴノキの場合、写真のエゴノネコアシアブラムシが作る虫こぶは「エゴノネコアシフシ」だが、「ネコアシ」は「猫足」だろうか。その前に付ける「虫えいのできた場所」というルールはどうなったのだろう。


【ヨモギの虫こぶ 〜 ヨモギハシロタケマシロケタマフシ】

20151116 横浜自然観察の森 ヨモギハシロタケマフシ修正版

 撮影場所:横浜自然観察の森
 撮影日:2015.11.16

 ヨモギの虫こぶ「ヨモギハシロタケマフシ」は「シロタケマ」がどうもよくわからない。

 虫こぶの情報となると、「日本原色 虫えい図鑑」というのがあるらしいが、私は持っていないし、ネットではいろいろな方が写真を掲載しているが、おそらく、当ブログも含めてほとんどは他のネット情報からの引用と思われ、脱字とか情報の混乱とか…、何が正しいのかよくわからなくなっている。

 《追記》ヨモギシロタケマフシ → ヨモギシロケタマフシ でした。
      ミスタイプがそのままネットで広まったものと思われます。

2016年11月06日

  1. ガマズミの虫こぶ 2016.11.06 -- 1(11/06)