FC2ブログ

オオボウシバナ 2016.08.07 -- 1

2016.08.07(15:45)

160804 こども植物園 オオボウシバナ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.08.04 以下同じ

 横浜市こども植物園によると「オオホウシバナ(大帽子花)」の説明は次のようになる。

 ツユクサの栽培変種で「アオバナ」と呼ばれる。
 江戸時代から京友禅の下絵を描くために使われる「アオバナ紙」の染料として利用されてきた。
 花弁の色素でアオバナ紙を染めておき、それを水に浸してアオガミ液をつくり、これで青い色を描くのだという。
 琵琶湖南部や草津市の特産物として栽培され、草津市の花になっているそうだ。名古屋友禅、加賀友禅にも使われる。


160804 こども植物園 オオボウシバナ2

 どこが違うかというと、ツユクサに比べれば明らかにひとまわり大きい。
 わが家のような特殊な環境だと、ツユクサは平気で背丈50cmを越えるけれど、花のサイズまでは大きくならない。花色が一般のツユクサよりやや淡く、花弁のサイズが大きいが、花びらの厚みが薄いのか、皺がよるようだ。
 ちょっとした違いなので、目をとめてよく見ないと見過ごしそうだが「何だか変だぞ」と思って見つめればあきらかにツユクサとは違う。


160804 こども植物園 オオボウシバナ3

 花が3枚とも右向きになってしまったが、左向きの花によいモデルがなく、よく撮れなかった。


 San Poの会はリーダーの都合でしばらくの間は「ちょっと美術展などを見にいく」程度の活動になっている。
 昨日は竹橋の国立近代美術館へ「近代風景~人と景色、そのまにまに~」(奈良美智がえらぶMOMATコレクション)、そのほかコレクション展 を見にいき、九段下で懇親会を開くというコースだった。
 土日でも平日でもかまわない私は、自分の美術展めぐりに加えてすべて参加しているので、この夏はずいぶんと数多くの美術展を見にいく結果となっている。

2016年08月07日

  1. オオボウシバナ 2016.08.07 -- 1(08/07)