FC2ブログ

春バラが咲きはじめています 2016.04.27 -- 1

2016.04.27(20:00)

 「3月後半の花々」などという記事をのんびりと続けているうちに、庭ではもう今年の春バラが咲きはじめています。


【パット・オースチン】
〈午前〉

160427 自宅庭 パット・オースチン午前

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.04.19 朝

 先陣を切ったのは「パット・オースチン」です。
 花のサイズがすごい。直径が昨年の倍近くあるように感じます。
 上は朝一番に咲いたばかりのものを撮影。横から光が当たっています。
 下は午後になって陽射しの向きが変わりました。このほうがよい写真を撮れるかと思いましたが、よく見ると花のかたちが崩れ始めています。
 昨年もそうでしたがパット・オースチンは強い陽射しと暑さに弱い。ほとんど一日花の状態です。
 しかし、美しい。
 この花の撮影は4月19日。そのあとパット・オースチン本日27日までお休みしています。


〈午後〉

160427 自宅庭 パット・オースチン午後

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.04.19 午後

 パット・オースチンは英国デヴィッド・オースチン社のよく知られたバラです。


【スレーターズ・クリムゾン・チャイナ】

160427 自宅庭 スレーターズ・クリムゾン・チャイナ2

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.04.27 以下同じ

 「スレーターズ・クリムゾン・チャイナ Slater's Crimson China 」
 この花はほぼ一年中、真冬でもほぼ咲き続けているので、通常だと1、2月に剪定して、葉をむしって、かたちを整えるという作業をやるのですが、何にもやっていません。1月にも盛大に咲き続けていたからです。
 上の記事で春バラの先陣を切ったのは「パット・オースチン」と書きましたが、冬バラの延長からいつの間にか春バラに移行した「スレーターズ・クリムゾン・チャイナ」は別格です。


160427 自宅庭 スレーターズ・クリムゾン・チャイナ1

 もともとは中国のバラをギルバート・スレーターという海運業者が英国へ持ち込んだもののようです。


【ソフィーズ・パーペチュアル】

160427 自宅庭 ソフィーズ・パーペチュアル

 「スレーターズ・クリムゾン・チャイナ」と同じく、古くからあるチャイナ・ローズです。
 背丈は低く、あまり大きくなりません。


【花ぼんぼり】

160427 自宅庭 花ぼんぼり

 ウッドデッキの鉢植えで咲き始めた「花ぼんぼり」。咲き始めのかたちを撮りそこねていいうち、大きく開きました。
 京成バラ園が2011年に発表した新作とのこと。わが家では昨年から咲いています。
スポンサーサイト




2016年04月27日

  1. 春バラが咲きはじめています 2016.04.27 -- 1(04/27)