FC2ブログ

3月後半の花々(2)〜 ニワトコほか 2016.04.21 -- 1

2016.04.21(20:55)

 3月後半の花々を撮影した写真をブログに掲載できず、大量に積み残していますので、紹介しています。
 第2回です。


【フクジュソウ】(横浜市こども植物園)

160317 こども植物園 フクジュソウ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.03.17


【ムスカリ】(自宅庭)

160320 自宅庭 ムスカリとヒヤシンス

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.03.20

 ムスカリは一度植えたら毎年必ず出てきてくれます。
 紅い葉はオキザリスの仲間です。配色によってムスカリ、ヒヤシンス、オキザリスのそれぞれが引き立てあってくれます。


160323 自宅庭 ムスカリアップ

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2016.03.23


【キブシ】(本牧山頂公園)

160320 本牧山頂公園 キブシ

 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影日:2016.03.20

 本牧山頂公園にこんなに大きなキブシの木があることを、いままで知りませんでした。
 奥のほうの、住宅街へと落ちている崖の下から生えているのを撮影しました。
 境界の柵の手前に木が生い茂っていて、そこまで入り込んで崖下を覗き込み、「あ、こんなところに…」と気が付きました。
 垂れ下がっている花序が長い場合は、雄花だそうです。


【シロバナタンポポ】(本牧山頂公園)

160320 本牧山頂公園 シロバナタンポポ

 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影日:2016.03.20


【ニワトコ】(本牧山頂公園、横浜市こども植物園)

160317 こども植物園 ニワトコのつぼみ

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.03.17

 3月17日の横浜市こども植物園では、ニワトコの花はまだつぼみでした。


160320 本牧山頂公園 ニワトコの花とつぼみ

 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影日:2016.03.20 以下同じ

 3月20日の本牧山頂公園では、開花を始めていました。
 ニワトコはスイカズラ科ニワトコ属。茎、葉、花が骨折や打ち身などの湿布薬に利用されるので、接骨木(セッコツボク)の別名があるそうです。


160320 本牧山頂公園 ニワトコの花

 よく見ると、虫が付き始めている花もあるので、早く来てよかった、と思います。
 昨年は気が付くのが遅めで、本牧山頂公園では黒い虫がびっしりついて、花を楽しめない状態でした。


160320 本牧山頂公園 ニワトコの花マクロ

 花は円錐状に咲くとなかなか美しいのですが、そこまできれいに整う例は稀なようです。
 
 また。おもしろいのは冬芽の芽吹きで、それは以前別記事(下記)で紹介しました。クリックするとその別記事が開きます。
 記事「ニワトコの冬芽」

 ニワトコの若芽は山菜として てんぷらで食べられるそうで、以前根岸森林公園のニワトコの若芽を摘んでいる人を見かけました。公共の財産の損壊は犯罪行為だと思うのですが、そういうことを平気でやる人がいるのは困ったことです。

2016年04月21日

  1. 3月後半の花々(2)〜 ニワトコほか 2016.04.21 -- 1 (04/21)