FC2ブログ

根岸森林公園のヤエザクラ 2016.04.19 -- 1

2016.04.19(20:10)

【ヤエザクラ】

160413 根岸森林公園 ヤエザクラ

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2106.04.13

 昨日の八重桜は「馬の博物館のヤエザクラ」でしたが、こちらは「根岸森林公園」本体のヤエザクラです。
 一見してわかるのは、
  ・「馬の博物館のヤエザクラ」より色が濃い。
  ・「馬の博物館のヤエザクラ」ほど花が端整でなく、ふさふさとしている。
  ・「馬の博物館のヤエザクラ」より雄しべの痕跡が大きい。
 などの点で、ぼくは子どもの頃に幼稚園や小学校の教室を飾っていた紙細工の花を思い浮かべます。
 この写真では咲き始めたばかりのときに撮っているのでまだ落ち着いた感じですが、満開になる頃にはもっと色濃くなり、一方で葉ももっと繁ってきますから、モコモコ、こんもりした感じで、装飾過剰なうるささを感じます。
 だから、そうならない咲き始めのうちに1枚だけ紹介します。


【遅咲きで、花柄が枝分かれしているサクラ】

160413 根岸森林公園 花柄が枝分かれしているサクラ

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2106.04.13 下の写真も同じ

 きょうは根岸森林公園のサクラをもう1枚。
 以前からこのサクラはソメイヨシノだと思っていた背丈の小さいサクラ。
 ソメイヨシノが散る頃に遅れて満開になり、ソメイヨシノが散ってもまだ一部に花が残っていたので気になって観察してみました。

 ふつうのサクラは、何本かの花柄が出て、その先端に花が付きますが、写真のサクラは、なんと! 花柄が途中で枝分かれしているのに気が付きました。 
 花柄が枝分かれする事例は、もしかしたら結構あるのかも知れませんが、私は聞いたことがなく、写真で見たこともありません。この木は老木で、幹が割れて半分残ったのが生き残り、花を咲かせています。いつまで残っているかわからないので、気が付いてよかった。
 調べれば、品種がわかるかも知れません。
 これは今後の課題、宿題としたいと思います。


160413 根岸森林公園 遅咲きのサクラ

 このサクラ、4月13日現在でまだこんなに活きのよい花も残っていました。
 ソメイヨシノはすべて散ってしまっていました。

 長女の第2子(侑矢)は本日病院から退院し、初めてわが家へやってきました。
 兄の隼士(はやと)は、母親と父親がいなくなると私にへばりつき、隼士とばかり遊んでいるとスキップがやきもちを焼くので、彼らを満足させるのにとても手がかかります。
 そこへ新しいライバルがやってきたわけで、家の中はますます混乱状態。
 ごまかして2階へ上がり、写真の整理をして、ブログを更新するのは次第に困難になりつつあります。
 本日のところはサクラの記事2件と写真3枚。彼らが眠っている隙を狙ってどれだけ写真の整理ができるかが勝負です。

2016年04月19日

  1. 根岸森林公園のヤエザクラ 2016.04.19 -- 1(04/19)