FC2ブログ

庭の花 〜 セリバヒエンソウ、カキドオシ、ヒメフウロ 2016.04.09 -- 1

2016.04.09(22:30)

【セリバヒエンソウ】

〈4月1日〉

160401 自宅庭 セリバヒエンソウ

 撮影場所:自宅・北東向き花壇
 撮影日:2016.04.01 2枚目も同じ

 セリバヒエンソウは毎年春になると北東向き花壇に出てくる。今年はとくに繁みが大きく、数ヵ所になる。
 バラまたはクリスマスローズの肥料が効いているのではないか、とかみさんは言っている。
 キンボウゲ科だそうだ。ご覧になったことがない方も多いのではないか、と思う。中国原産のものが明治期に栽培され、逃げだして野生化したのだそうだ。
 東京、神奈川、埼玉に多いという。San Poの会でわが家より大きく育った花を見たことがある。
 アルカロイドがあるらしい。

 3月末頃から咲いているが、咲き始めは色がどことなくまだら模様だ。
 4月9日の写真のほうが花色は美しい。


160401 自宅庭 セリバヒエンソウ2


〈4月9日〉

160409 自宅庭 セリバヒエンソウ


160409 自宅庭 セリバヒエンソウ2


160409 自宅庭 セリバヒエンソウ3


160409 自宅庭 セリバヒエンソウ4


【カキドオシ】

160409 自宅庭 カキドオシ

 撮影場所:自宅庭・北東向き花壇
 撮影日:2016.04.09

 カキドオシはグレコマの名で園芸種として売っているらしい。これも北東向き花壇に毎年出てくる。
 セリバヒエンソウと同じく、今年は花の数が多く、数ヵ所に広がった。昨年はもう消えそう、と思っていたのに。
 「垣根通し」が転嫁(てんか)して「垣通し」の名になったという。家には垣根があるのがふつうだった頃からの野草だ。


【ヒメフウロ】

160409 自宅庭 ヒメフウロ1

 撮影場所:自宅庭・北東向き花壇
 撮影日:2016.04.09 以下同じ

 一部の県では絶滅危惧種らしいが、わが家の北東向き花壇には毎年出てくる。園芸種が逃げだしたものだ。
 どうも石のあるところが好きらしい。コンクリートの切れ目、レンガと道路の境目などに広がり、陽当たりのよいほうへ少しずつ進出してきた。
 健康肌化粧品に利用されているらしく、ネット検索するとそちらのサイトも多数ヒットする。


160409 自宅庭 ヒメフウロ2

 雄しべ、雌しべが揃った写真を撮るのは案外とむずかしい。雄しべが真ん中へ集結した姿の花(1枚目の隠れているほうの花の様子、あるいは2枚目の右側の花にご注目ください)が、現在のわが家では多く見られる。
 花の経過観察はまだ不十分なので、いずれ観察結果を報告できればいいな、と思っている。


160409 自宅庭 ヒメフウロ3

 花見の記事は昨日で終了し、通常のパターンにもどったが、未掲載の花の写真がとても多い。
 ペースをはやめたいが、隼士とスキップが競って遊びに誘うので、とても忙しくなっている。

2016年04月09日

  1. 庭の花 〜 セリバヒエンソウ、カキドオシ、ヒメフウロ 2016.04.09 -- 1(04/09)