FC2ブログ

ヒゲブトハナムグリ Anthypna Pectinata 2016.02.09 -- 2

2016.02.09(19:05)

 ヒゲブトハナムグリ Anthypna Pectinata
 昭和2年発行の「日本甲虫図鑑」山脇源太郎著 に記載があるらしい。
 図版では、茶褐色の小さな甲虫で、首と背の間がくびれて、第一肢の生えたごつい首の前に、さらにブラシのようなものがせり出している、という。解説では「本州、東京附近に産し、バラ、クサギ、その他各種の花に来集する」と書かれているそうだ。
 
 そこまで書いて写真はないのか、と問われても困る。
 この図鑑は昭和43頃、欠落のない完本なら20万円で買う、という人があったと、じつは三島由紀夫が書いている。
 解説には続きがあって
 「この甲虫を乾燥させ、砕いて粉末にしたものを、皮質性催眠剤プロムワレリル尿素に混合して服用させると、脳催眠のあいだに命令して、当人を、いかなる方法の自殺へも導くことができる」と書かれているそうだ。

 こんなことが書いてあるのは三島由紀夫の小説で、ちくま文庫で第26刷が昨年12月に発行されたので、いま書店で入手が可能である。題名は『命売ります』だ。
 読み出したらやめられないエンタテインメントで、展開が速く、先が読めない。著者は大衆向けのおもしろい小説を書こうと、本気で取り組んだ様子がうかがわれる。
 
 主人公はいまでいうコピーライターで、ある日急に何もかもがばからしくなって睡眠薬自殺を試みたが失敗してしまう。その心理は三島由紀夫らしく上手に説明してあるが、文芸作品のような書き方ではなく、あくまでエンタテインメント性を重視している。
 さて、「どうせ命拾いした命だ」とばかりに、主人公は新聞に広告を出した。「命売ります」というのである。
 やがて買い手が付くのだが、なんとも妙な買い手ばかりなのだ。
 「ヒゲブトハナムグリ」は二人目の買い手に関連して出てくる図鑑の話だ。

 あまりにおもしろい物語なので、広く紹介したいと思って本稿を書いたが、当ブログの傾向に合わせて、ハナムグリのことから書いてみよう、と思ったのである。

馬の博物館の ハボタン 2016.02.09 -- 1

2016.02.09(19:00)

160203 馬の博物館 ハボタンと木馬の花入れ

 撮影場所:根岸森林公園・馬の博物館
 撮影日:2016.02.03

 ハボタンという名前は知っていたはずなのに、ぼくの頭の中ではいつのまにかハナキャベツになっていたようだ。
 ハナキャベツと言い習わされているようだが、正式名称ではないらしい。
 アブラナ科アブラナ属の多年草で、やがてキャベツのように花茎が立ち上がり、黄色い美しい花が咲く。できればその頃にもう一度紹介したい。


160203 馬の博物館 ハボタンと木馬の花入れ2

 撮影場所:根岸森林公園・馬の博物館
 撮影日:2016.02.03


160205 ハボタン アップ

 撮影場所:根岸森林公園・馬の博物館
 撮影日:2016.02.05


160205 馬の博物館 木馬の花入れ

 撮影場所:根岸森林公園・馬の博物館
 撮影日:2016.02.05


160203 馬の博物館 木馬の花入れ2

 撮影場所:根岸森林公園・馬の博物館
 撮影日:2016.02.03

2016年02月09日

  1. ヒゲブトハナムグリ Anthypna Pectinata 2016.02.09 -- 2(02/09)
  2. 馬の博物館の ハボタン 2016.02.09 -- 1(02/09)